« 大阪城エレベーター問題 | トップページ | 日本が韓国に事実上の経済制裁 »

2019年7月 2日 (火)

キングソロモンの法則

アマチュア無線では、電離層による反射を利用して遠距離通信を行っています。電離層は高さによっていくつかの層に分類されますが、一番特徴的なのがE層で、E層が活発化する現象をスポラディックE層、略してEスポと言います。昨日はそのEスポが発生し、16時半頃から19時半頃にかけて北海道方面の局が強力に受信できました。私は50MHzで北海道の局、3局と交信しましたが、北海道の局と一日で3局と交信したのは初めてです。また通常Eスポは比較的短時間で消滅することが多いようですが、昨日は3時間ほど持続しましたので、これも珍しい現象だったようです。

Photo_20190702205401

さてEスポについては、有名なキングソロモンの法則と言うものが存在します。無線に興味のない方は、聞いたことがないかも知れませんが、HF帯、VHF帯の通信を行う人、中でも50MHz帯運用者にとっては忘れられない言葉です。キングソロモンとは、提唱者のアマチュア無線家、栗山晴二氏のコールサインJA1KSに由来しています。栗山氏は50MHz帯での異常伝搬を経験し、体験的にEスポの発生と天候に関連性があるのではと考え、天気図とEスポの発生を検証して、日本列島を温暖前線が横切った時に発生しやすいとする仮説を打ち立てました。これがキングソロモンの法則ですが、地球表面近くの気象現象と何10Kmも上空の電離層の状態との間に相関関係はあり得ないとする考えもあり、今もって科学的に証明されていません。そもそもが電離層自体が目に見えない存在なので、キングソロモンの法則もまた、神秘のベールに包まれていると言ったところでしょうか。

 

|

« 大阪城エレベーター問題 | トップページ | 日本が韓国に事実上の経済制裁 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大阪城エレベーター問題 | トップページ | 日本が韓国に事実上の経済制裁 »