« F-35B導入を閣議決定 | トップページ | 中国機が海自艦を標的に訓練の疑い »

2019年8月18日 (日)

ほっと一息、ほっと一杯

今日はアマチュア無線の3級無線技士の養成講習会&修了試験で終日会場に缶詰でした。アマチュア無線をするのには4つあるクラスのいずれかの資格を取らなければなりません。私が最初に第4級アマチュア無線技士を取った時は、年に2回行われる国家試験を受けて合格しなければなりませんでした。その後、講習会制度ができ、講習の後に行われる修了試験が国家試験として行われるので、これに合格すれば資格が取得できるようになりました。

4級と3級の資格上の違いは、3級はモールス符合を使った電信による交信ができることと、扱える送信機の出力が10W(V・UHFでは20W)から50Wに拡大することです。現在は出力6Wの送信機で交信していますが、電波の状態があまり良くない時は、相手の電波は受信できるのに、こちらの電波は受信してもらえないことが、まま起こります。もう少し強い電波が出せたならと、悔しい思いをしたことがたびたびありました。そんな思いが受講を決意させたのですが、いかんせん、50年のブランクがありましたので、相当なプレッシャーとなりました。

お陰様で無事講習も終わり、終了試験も、まあまあの出来だったと思われますので、帰宅して肩の荷が下りました。今はグラスでロックの氷が溶けるのを眺めながら、プレッシャーからの解放感を楽しんでいます。

|

« F-35B導入を閣議決定 | トップページ | 中国機が海自艦を標的に訓練の疑い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« F-35B導入を閣議決定 | トップページ | 中国機が海自艦を標的に訓練の疑い »