« 無事に下山 | トップページ | 南ア茶臼岳 雲上の妖精編 »

2019年8月 6日 (火)

南ア茶臼岳 吊り橋編

初めて茶臼岳に登って以来、45年間で13回以上登りましたが、今回は実に16年ぶりとなりましたので、忘備録的に記事に取り上げようと思います。

茶臼岳(2604m)は、我が国最南の3000m峰である聖岳(ひじりだけ)の南に位置し、横窪沢、上河内沢、ウソッコ沢を擁して豊富な水を大井川に注いでいます。そのため、登山道には5つの吊り橋が架けられていましたが、昨年の台風で1、3、5号の各橋が流されてしまいました。このようなことは初めてではないかと思われます。

P8040152r19

大井川本流に架かる全長182mの大吊橋。ここが茶臼岳への登山口です。

一般車が通行できるのは大井川上流部の畑薙第一ダムの先にある沼平駐車場までです。そこから先は、現在は許可車両しか通行できませんので、東海フォレストが運行する山小屋の送迎バスに乗るか、40分ひたすら歩くしかありません。

P8030060r19

1号橋跡に架かる仮橋です。手すりなどがありませんので、注意が必要です。

P8030061r19

無傷で残った2号橋です。こういう事態になり、改めて吊り橋のありがたさが身に沁みます。

P8030062r19

3号橋跡の仮橋です。こちらには補助ロープが渡されているので、気分的に楽です。

P8030063r19

3号橋の上部にある水場です。一年中枯れることなく冷たい水が湧いています。今回の災害で、ここも被害を受けたかもと思っていましたが、無事に残っていてほっとしました。

P8040145r19

ウソッコ沢小屋の下部にある4号橋。ここを渡ると小屋はまもなくです。

P8030066

ウソッコ沢小屋のすぐ上にあった5号橋の仮橋です。

Photo_20190805235201

山肌にかつての橋の土台が残っていました。黄色の点線の部分が、かつての吊り橋の位置です。この橋が流された時、水位は7~8mほど上昇していたと見られます。

Photo_20190805235601

横窪沢小屋の上にある水呑場です。判りにくいですが、黄色の矢印の所から冷たい水が湧いています。

大吊橋から茶臼小屋までは、およそ7時間。その間、3号橋の上にある水場、横窪沢小屋の水場、水呑場、茶臼小屋の水場と随所に水場がありますので、夏場でも水に困ることはありません。

 

|

« 無事に下山 | トップページ | 南ア茶臼岳 雲上の妖精編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 無事に下山 | トップページ | 南ア茶臼岳 雲上の妖精編 »