« 南ア茶臼岳 稜線の風景編 | トップページ | 台風10号はいつ、何処へ »

2019年8月 8日 (木)

南ア茶臼岳 衣食住編

このシリーズも今回がファイナルです。今更ながらですが、タイトルの茶臼岳に南アと付けているのは、那須にある茶臼岳と区別するためです。私にとって茶臼岳と言えば南アルプスのそれに決まっていますが、関東圏の人には那須の茶臼岳の認知度が高いようです。

さて本題です。登山では、スタート地点と頂上では大きく気温が違う場合があります。この季節は日中はそれほどでもありませんが、朝方はかなり低くなったりするので、衣類の選定は重要です。登っている時はほぼ20℃でしたので、ずっとTシャツで通しました。日が落ちると流石に気温が下がりますので、長袖のシャツを羽織り、更に夜中には9℃まで下がりましたので、薄手のダウンジャケットを着込みました。下山して林道歩きの時は35℃もありましたので、一日の気温差は26℃もあったことになります。

Photo_20190808081701

頂上までダウンを着て行きましたが、流石に暑くなってファスナーは開けています。

茶臼岳には全部で三つの山小屋がありますが、一つの山で三つも山小屋があるのはあまり例がありません。例えば赤石岳の場合でも、中腹にある赤石小屋と赤石頂上小屋の二つしかありません。山小屋は通常水場の近くに建てられますので、それだけ茶臼岳が水が豊富だと言うことなのかも知れません。

P8030064r19

一番下にあるウソッコ沢小屋。かつては管理人がいる有料小屋でしたが、現在は無料開放されています。現在引水はありませんが、冬季や雨天などの休息に利用されています。

P8030069r19

次にあるのが横窪沢小屋です。ここは、営業期間中は管理人が常駐しており、二食付きで宿泊が可能です。ここから登りが一段ときつくなるので、ここで初日の行動を打ち切る登山者もいます。地元、井川のおいしいお茶を無料で接待してくれるのはうれしい限りです。

P8040140r19

稜線直下にある茶臼小屋です。沢沿いにあるので、冬季にはかなりの深さで雪に埋もれます。冬季は無人で、無料開放されていますが、出入口が雪に埋もれ、スコップで掘り起こして入ったりもしましたが、強烈な寒さから守ってくれ、頼りになる山小屋です。

P8040137r19

今回は二日とも朝早くからの行動でしたので、私には珍しく朝食を摂らずに行動しました。初日は休憩のたびに少しずつ食べましたが、二日目はテントに帰着してからの朝食でした。

P8040139r19

朝食のメニューは、アルファ米とフリーズドライの味噌汁、レトルトのサバの煮つけでした。以前はサバやイワシの缶詰を良く利用していましたが、空き缶の処理が面倒なので今回はレトルトタイプとなりました。これを食べて下山しましたが、ついでなので昼食用のフリーズドライの赤飯も一緒に作りました。乾燥系は、軽量なのと保存性が良いので本当に便利です。

 

 

 

|

« 南ア茶臼岳 稜線の風景編 | トップページ | 台風10号はいつ、何処へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 南ア茶臼岳 稜線の風景編 | トップページ | 台風10号はいつ、何処へ »