« 四日市市の局と交信 | トップページ | 海上保安庁が大型無人機の導入を検討 »

2019年8月23日 (金)

韓国が日韓GSOMIAの破棄を表明

日韓の外交関係がこじれる中、その行方が懸念されていた日韓GSOMIA(軍事情報包括保護協定)について、昨日午後、韓国側が破棄をすることを表明しました。GSOMIAは二国間の軍事機密情報の漏洩・流出を防ぎ、保護を義務付ける協定で、これを結ぶことで相手からより高度の情報を入手可能となります。協定の有効期間は1年で、破棄する場合は満了の90日前までに通告することになっていましたので、期限となる8月24日が注目されていました。

我が国は韓国の他に米・英・仏・豪・印・NATOの5か国、1機関と協定を結んでいます。一方の韓国は33か国と結んでいますので、この条約の重要性は十分認識しているものと見られていましたので、この決定を我が国では驚きを持って受け入れられています。我が国は朝鮮有事をにらんだ米軍の後方基地として、首都圏の横田基地を、出撃基地として三沢や岩国を提供して韓国の安全保障に協力していますが、南北対話の際に、今後ミサイルの発射はしないと明言しておきながら、ミサイル発射を続ける北朝鮮にすり寄るのですから、背信行為と映っても仕方ありません。また、米国も日・米・韓の協調体制維持のため協定の継続を申し入れていましたが、これを無視されたことになり、今後に禍根を残すこととなりました。

P2110040r17

海上自衛隊の掃海艇。朝鮮戦争時には我が国からも掃海部隊を派遣し、死傷者を出しながら機雷除去に当たったのですが・・・。

韓国側は破棄の理由として、我が国の輸出管理強化を上げ、こちらが先に友好関係を損なったと責任を押し付けました。しかし、そもそも我が国の敗戦の混乱に乗じて我が国固有の領土である竹島を武力占領し、死傷者多数を出したのは韓国側です。この問題について、我が国は朝鮮半島の安定を優先し、あえて国際的に韓国の不当性をアピールしてきませんでしたが、明確な侵略・略奪行為で友好国として相応しいものではありません。

GSOMIAは二国間協定ですから、破棄するのは双方の自由ですが、その結果については全て当事国の責任です。この結果を受けて北朝鮮はほくそ笑んでいることでしょうが、もしこの先南北の緊張が高まっても、どれだけの軍事的・外交的なバックアップを受けられるか韓国次第です。少なくともこれからは従来通りのバックアップがあることはあり得ないでしょう。

 

|

« 四日市市の局と交信 | トップページ | 海上保安庁が大型無人機の導入を検討 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 四日市市の局と交信 | トップページ | 海上保安庁が大型無人機の導入を検討 »