« 猛暑続く | トップページ | 夏山登山中! »

2019年8月 2日 (金)

北朝鮮がまたも飛翔体2発を発射

今日8月2日は我が国が韓国に対するホワイト国の待遇を取り消す決定をする重大な日ですが、本日未明、北朝鮮が飛翔体2発を日本海に向けて発射しました。現在までのところ、飛距離や高度、飛翔体が何かについて詳しい報道はありません。北朝鮮は7月25日にイスカンデルのコピーと見られる短距離弾道を、31日には新型の大型ロケット弾と見られる飛翔体を2発発射しており、わずか1週間の間にミサイルの類を3回発射したことになります。

米国と韓国は、今月5日から合同軍事演習「19-2同盟」を月末にかけて実施予定ですが、北朝鮮はこれに強く反発していました。国内向けに強硬姿勢を示す狙いがあったものと見られますが、31日に発射した新型ロケット弾は多連装型発射機から高度30Kmで250Kmを飛んだとされており、通常角度で発射した場合は北朝鮮北部から韓国全土を射程に収める能力があるのではないかと見られます。これまで、北は8連奏の30mmロケット砲を装備していることをパレードなどで誇示していましたが、こちらの射程は250kmほどと見られ、韓国中部以南には到達しないと見られていました。これにより、南部に反撃力を温存できますので有事に対する抑止力が期待できました。しかし、北が更に射程の長い攻撃力をもつことによって、ソウルを火の海にすると言った恫喝が再び重みを増すことになります。

韓国の文大統領は北との友好・融和政策を説いて自らの成果を強調して来ましたが、百戦錬磨の相手は一枚も二枚も役者が上だったようで、相手から正に冷や水を浴びせられた格好です。我が国のイージスアショア導入についてもとかくの批判がありますが、「治に居て乱を忘れず」との言葉もありますので、何が起きてもあわてぬよう、不断の努力が求められるのではないでしょうか。

Photo_20190802082001

イージスアショア (出典:防衛省)

|

« 猛暑続く | トップページ | 夏山登山中! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 猛暑続く | トップページ | 夏山登山中! »