« 海上保安庁が大型無人機の導入を検討 | トップページ | 浜松市防災ヘリの運用停止続く »

2019年8月27日 (火)

涼しい夜が帰ってきた

立秋はとっくに過ぎましたが、相変わらず30℃超えの日々が続いています。それでも、ここ何日かは夜間の気温が少し下がって、エアコンを入れずに夜を送れるようになっています。窓を開けていると、虫の音が良く聞こえますが、それがより一層心地よく感じます。今まで、エアコンを使っていましたが、何度となくトイレに起きていました。ところが、自然の冷気でぐっすり眠れるせいか、朝までに起きる回数がめっきり少なくなっています。

P8170579r19

涼しくなったせいか、夏草に埋もれていた朝顔が、巻き付くものを見つけて存在感を誇示しています。巻き付いているのはアマチュア無線のアンテナのステー(張り綱)です。

P8170580r19

ポールの先端まで6mありますが、地上から4mあたりまでツルを延ばしています。朝顔の生命力もたくましいばかりです。

 

 

|

« 海上保安庁が大型無人機の導入を検討 | トップページ | 浜松市防災ヘリの運用停止続く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 海上保安庁が大型無人機の導入を検討 | トップページ | 浜松市防災ヘリの運用停止続く »