« 暑さはいつまで | トップページ | サウジが石油施設攻撃のミサイルと無人機を公開 »

2019年9月18日 (水)

韓国にまたまたブーメラン

韓国は、いまだに東北・北関東産の農産物を放射能汚染を口実に一律輸入禁止としています。事実上、東北地方を汚染エリアと主張している訳で理不尽極まりません。そして今度は福島第一原発の放射能除去の処理水の海洋投棄について、世界の環境に影響を及ぼすとしてIAEA(国際原子力委員会)の場で日本を非難しました。しかし、当の韓国自身がこれまで多量のトリチウム水を投棄し、尚且つ現在も相当量のトリチウム水を投棄し続けていることにはダンマリを決め込んでおり、正にお前が言うな状態です。

重水炉では軽水炉より桁違いのトリウムが発生するそうですが、韓国の月城原発(重水炉)も例外ではなく、1999年から累積で、6000テラベクレルものトリチウム水を日本海に投棄し、現在も年間300テラベクレルを投棄し続けているものと見られています。これに対し、福島のそれは、総量で760テラベクレルでしかありませんので、韓国が投棄した量の1/8でしかありません。しかも、自身は現在も投棄し続けているにもかかわらず、我が国だけを国際的な場で非難することは、敵対行為以外の何物でもありません。こうした事実を無視した行為には、もっともっと声を上げる必要があるのではないでしょうか。

 

|

« 暑さはいつまで | トップページ | サウジが石油施設攻撃のミサイルと無人機を公開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 暑さはいつまで | トップページ | サウジが石油施設攻撃のミサイルと無人機を公開 »