« 富士山反射で静岡の局と交信 | トップページ | 台風一過ですが »

2019年9月 8日 (日)

浜松の防潮堤の9割が完成間近

台風15号は、今夕関東周辺に接近、上陸すると予想されています。現在の中心気圧は960ヘクトパスカル、最大瞬間風速60メートルと、過去東京周辺に上陸した台風では最強の勢力となります。首都圏では大雨による大規模な水害が心配されていますが、大きな被害が出ないことを祈るばかりです。

さて、そのような中、今朝の中日新聞が、静岡県が建設を進めている遠州灘の防潮堤のおよそ9割が、今月末までに完成見込みと伝えています。浜松市の防潮堤は、東日本大震災の際の津波被害を受けて、地元の住宅会社が浜松市に寄付した300億円を原資に浜名湖の今切れ口から天竜川河口までの17.5Kmの市域全体をカバーする高さ13~15mの防潮堤を築いて津波被害を防ごうというものです。高さが一律でないのは、海底地形などで、地域における津波の想定高さが違うためで、工事に着手後、かさ上げすることが決まりましたが、中田島砂丘周辺では最大で14.9メートルの津波高さが予想されています。

Photo_20190908080901

防潮堤のようすです。 (国土地理院の地理院地図の航空写真を加工)

写真は少し前のものなので、工事半ばとなっていますが、現在は築堤が終わった部分には植栽が行われています。東北地方では、コンクリートによる防潮堤に対する景観問題が起きていますが、浜松市の防潮堤は土砂とセメントを練り合わせたコアの部分に土砂を覆いかぶせ、外側の土砂の部分に松などを植えて景観を保持するとともに、防潮堤を補強する構造となっています。観光で有名な中田島砂丘を保護するため、砂丘の部分では海寄りではなく、松林に沿って築堤しており、環境保護に配慮しています。

この防潮堤が完成すれば、津波の被害を大幅に減らせるものと期待されており、今年度末に予定されている全区間の完成が待たれます。

|

« 富士山反射で静岡の局と交信 | トップページ | 台風一過ですが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 富士山反射で静岡の局と交信 | トップページ | 台風一過ですが »