« 名古屋城解体目途立たず | トップページ | サウジ攻撃はイランが関与と英・独・仏が断定 »

2019年9月21日 (土)

降圧剤の内服量が半減することに

遺伝的な体質で、若い頃から血圧が高めでしたが、ある時を境に降圧剤の服用が欠かせなくなりました。当初は2種類の薬を服用していましたが、やがて症状が落ち着いたので、1種類になり、その状態が長く続いています。ところが、本日投薬のためにいつものクリニックを受診したところ、血圧が低めとなっていることから、投薬量を半減しますと言われました。

降圧剤は、一旦服用を始めると、一生服用を続けなければならないと言われますが、まさかこの歳になって内服量が減ることになるとは思っていませんでしたので、ちょっと戸惑っています。一般的には、年齢と共に血圧が上昇する認識でいましたので、どうして血圧が降下したのか不思議に思えてなりません。何にしても、健康に関することなので、内服量の減少と血圧がどのように変わるのか、注意深く見守ることになりそうです。

|

« 名古屋城解体目途立たず | トップページ | サウジ攻撃はイランが関与と英・独・仏が断定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 名古屋城解体目途立たず | トップページ | サウジ攻撃はイランが関与と英・独・仏が断定 »