« 市内の局と7MHzで交信 | トップページ | アマチュア無線仲間が大集合 »

2019年9月12日 (木)

第4次安倍改造内閣が発足

昨日は自民党の役員人事と内閣改造が行われ、新たに13人のが入閣を果たしました。さぞかし、人心を一新した布陣かと閣僚名簿を見れば、全く知名度がない閣僚と、例によって代わり映えのしない名前のオンパレードです。安倍首相は、自民党は人材の宝庫だと言っていましたが、失礼ながらそんな人材は見当たりません。

かつての自民党ならば、派閥のリーダーを初めとして、各政策課題について深い知見を持つ議員が多数おり、それこそ、与党でシャドウキャビネットが組めるほどでした。財政再建、経済振興、雇用対策、年金問題等等等、諸問題が山積していますが、残念ながら今回の閣僚で、これらの課題について政策を訴えるオピニオンリーダーたる人材が見当たりません。世間では、お友達・在庫一掃内閣と陰口をたたかれていますが、さもありなんと思えてしまいます。

以前は、8月に入れば各派閥で政策勉強会が開かれ、諸課題について議論を戦わせ、それなりの理論武装をしたものです。ところが、現在は全て官邸に一任で、議員としての責任を果たしているとは思えません。もちろん、政策課題について政府を追及し、代案を出すのは野党の重大な役割ですが、現在の野党は民主党が分裂して全体の議席を減らすなど、与党に対抗できる状況ではありませんし、国民に広く支持される政策も出せていません。総じて言えるのは、予野党を問わず、議員全体が不勉強ではないかと言うことです。個々の議員が省庁の主要な政策について、確固たる意見を持つべきなのですが、現在はそれすらもできているとは思えません。議員は大臣になることが最終目的ではなく、大臣になって何をするかが問われている筈で、それには政策についての勉強が不可欠のはずなのですが・・・。

|

« 市内の局と7MHzで交信 | トップページ | アマチュア無線仲間が大集合 »

コメント

まあ、国民の過半数が就任に反対しているのにもかかわらず、疑惑満載のタマネギ法務大臣を強行指名してしまった某国よりはましでしょうか。

投稿: 雨辰 | 2019年9月12日 (木) 09時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 市内の局と7MHzで交信 | トップページ | アマチュア無線仲間が大集合 »