« 諏訪原城跡から移動運用 | トップページ | 台風が次々と発生 »

2019年9月 3日 (火)

恐竜展に行って来ました

浜松市のアクトホールで、7月27日から9月1日まで「浜松恐竜ワールド2019」が開かれていましたので、会期末が迫った先月28日に行って来ました。平日でしたが、夏休みなので子供連れの見学者が目立ちました。私は、恐竜については素人なので、展示物で最新情報にアップデートできました。

P8280073r19

ご存じティラノサウルスの実物大復元ロボットです。迫力満点で、ジュラシックパークではありませんが、こんな生物がいない時代に生まれて良かったと思います。上半身が動き、大声で咆哮するので、小さな子供たちは本気で怖がっていました。

P8280062r19

中国で見つかった、「ユウティラヌス・フアリ」、ティラノサウルスの仲間です。

P8280013r19

福井県勝山市で見つかった新種の肉食竜「フクイラプトル・キタダニエンシス」です。我が国にも大型の肉小恐竜がいたとは驚きです。ライティングが絶妙でした。

P8280035r19

発掘したままの「ブラキロフォサウルス」の化石。発掘現場の実態を知りませんが、どうやってこんな化石を見つけることができたのか、不思議でなりません。

恐竜については、新たな事実が次々と見つかっています。もしかしたら、10年後には現在の常識が過去のものになっているかも知れません。もし、この先類似の催しが開かれたなら、是非訪れたいと思っています。

 

|

« 諏訪原城跡から移動運用 | トップページ | 台風が次々と発生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 諏訪原城跡から移動運用 | トップページ | 台風が次々と発生 »