« 掛川市でマダニ感染症の発生を確認 | トップページ | 浜松の防潮堤の9割が完成間近 »

2019年9月 6日 (金)

富士山反射で静岡の局と交信

  浜松市と静岡市はおよそ80Km離れています。通常この距離であれば、無線で交信するのは、さほど困難ではありません。しかし、静岡市の西側には、400mから500mの山が屏風のようにそびえているため、通常の手段ではUHFの電波は届きません。先日も、島田市にある牧之原台地に行って、静岡市の方向に向けて電波を出しましたが、残念ながら静岡の局とは交信できませんでした。

ところが昨夜、430MHz帯を聞いていると、静岡市葵区の局が一括呼び出しで交信相手を探していました。ダメ元で呼んでみると、なんと一発で応答がありました。聞けば富士山の方向にアンテナを向けてあり、富士山からの反射の電波ではないか、とのことでした。

Photo_20190905230501

どうやら、上図のような現象が起きたようです。通常であれば、静岡市に向けた電波は、手前の山に遮られるか、はるか上空を通過してしまい、静岡市内には届きません。しかし、富士山に反射した電波はそれぞれ静岡市や浜松市に届くようです。とは、言っても、これまで静岡の局が聞こえたことはありませんので、何らかの条件が整った結果だろうと思われます。再び静岡の局と交信ができるかどうか、今後の推移が楽しみです。

|

« 掛川市でマダニ感染症の発生を確認 | トップページ | 浜松の防潮堤の9割が完成間近 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 掛川市でマダニ感染症の発生を確認 | トップページ | 浜松の防潮堤の9割が完成間近 »