« 熊本城が一部見学を再開 | トップページ | 台風19号の進路が確定か »

2019年10月 8日 (火)

台風19号の進路が気がかり

猛烈な勢力で日本列島に向かっている台風19号ですが、8日午前3時現在で中心気圧915hpa、最大風速55m/s、最大瞬間風速75m/sと近年最強の強さに発達しています。当初は週末に西日本に接近の予報でしたが、次第に東向きの予報に変わり、午前3時現在では予報円の中心は首都圏方面となっています。台風は太平洋の高気圧の縁を回る格好となっていますので、今後の高気圧の勢力次第で更に変わる可能性があります。但し、勢力が非常に強いので、多少進路がズレたとしても、近畿から関東まで広い範囲で強風に見舞われることになりそうです。

浜松市では昨年、台風24号による強風で、市内の各所で大規模な停電が発生、復旧まで何日間も費やすなど、市民生活に大きな影響が出ました。この時の24号の和歌山県上陸時の最大風速は40m/sでしたから、もしこのままの勢力で上陸すれば、昨年以上の大きな被害が出ることが心配されます。先月15号で大きな被害を出した千葉県も、影響を受けることは避けられない模様です。台風は、北上することで周囲の海水温が低下するので、多少勢力が衰えるものと思われますが、最大限の警戒が必要です。進路がどうなるのか、じっと見守るしかありませんが、上陸せずに東に大きくカーブしてくれることを期待しています。

 

|

« 熊本城が一部見学を再開 | トップページ | 台風19号の進路が確定か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 熊本城が一部見学を再開 | トップページ | 台風19号の進路が確定か »