« 無線機用のスタンドを作成 | トップページ | 産経新聞が強引な論理で安倍首相を擁護 »

2019年11月20日 (水)

430MHzで埼玉県と交信

またまたアマチュア無線ネタで申し訳ありません。昨夜、430MHzを受信していると、関東エリアの局を受信しました。とても明瞭に聞こえたので、県内に移動している局なのかと注意して聞いてみましたが、どうも埼玉県上尾市の自宅からのようです。これまでも東京都立川市や埼玉県さいたま市からの電波を受信したことがありましたが、今までで、一番明瞭に聞こえていました。これまで何度も触れていますが、UHFのような高い周波数の電波の場合、直進性が強く、電離層による反射が期待できないので、おおよそ見通し可能な範囲にしか届かず、経路に障害物があれば相手に届きません。従って今回の場合も地表に沿って伝わった電波ではなく、富士山による回析によるものと考えられます。

これまで関東圏の局とはUHFで直接交信したことがなかったので、何とか交信しようと思いましたが、神奈川県大和市や御殿場市の局が呼びかけていてチャンスがありません。じっと受信を続けていると、これらの局との交信が終了し、「その他に受信している局はありませんか?」との呼びかけがあったので、しめたと思いこちらのコールサインを告げて相手の応答を待ちました。すると、「浜松の局、再度コールサインをどうぞ」と応答がありました。思わず、やったーと心で叫び、夢中で交信しましたが、とても埼玉県の局とは思えない明瞭な信号で、少しの通信トラブルもなく交信することができました。相手の局とは直線距離で約220Km離れており、先日の伊賀市の局との136Kmを大きく更新する新記録です。

Photo_20191120091601

相手局との位置関係を、例によって図にしてみました。(クリックすると拡大します)

浜松市の東側には、島田市の経塚山(670m)や藤枝市の高草山(501m)などがあるため、UHFやVHFの電波では、通常は東京はおろか静岡市の局とも交信できません。それが、富士山があることによって電波の経路が曲げられ、埼玉県の電波が届くものと考えられますが、常時聞こえる訳でもありませんし、昨晩は諸々の条件が整った結果だと思われます。しかも、こちらの無線機の出力はわずか6Wで、指向性のないアンテナだったことを考えると、相手の設備環境など、たくさんの幸運に恵まれたからとしか思えません。何にしても、6Wの無線機で埼玉県と交信できたことは無上の喜びでした。

|

« 無線機用のスタンドを作成 | トップページ | 産経新聞が強引な論理で安倍首相を擁護 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 無線機用のスタンドを作成 | トップページ | 産経新聞が強引な論理で安倍首相を擁護 »