« 経塚山山頂の局と交信 | トップページ | 東京新聞記者が、恣意的記事を論説 »

2019年11月14日 (木)

川勝静岡県知はペテン師?

静岡県の川勝知事は、中央リニア新幹線の県内トンネル工事問題でJRと対立しており、世間を騒がせていますが、先日は三重県の知事から聞いた話として、中間駅の固有名詞を出して三重県知事の抗議を受けました。これに対し、川勝氏は間違いなく聞いたとして非を認めませんせんでした。このことについては、言った、言わないの水掛け論で、真相は藪の中ですが、別件で新たな事実が明らかになりました。

県とJRの工事をめぐる協議は、大井川の水量問題で堂々巡りとなっており、国交省を交えた3者協議で事態の打開を図るため、国交省の大臣技術審議官が、関係市町を回り、自治体の意向を聞き取りしています。この事態について、川勝知事は、6日の定例会見で、「JRが、地元の理解と協力を得て来なかったから審議官が回っている。JRは反省すべきだ。」とJRを非難していました。

この件に関し、JRは元よりそのようにしたかったが、これまで「直接会談」は県から止められていたと、新たな事実を明らかにしました。JRによれば、昨年8月9日付の難波副知事名の文書で、県や流域8市2町、利水者による「大井川利水関係協議会」の設立を受け、今後は県の対策本部がJRとの交渉役を担うとし、「貴社が関係利水者及び市町と個別に交渉等を行うことはご遠慮くださるようお願いお願い申し上げます」と要請されていたと言うことで、その文書公開しています。

これはひどい欺瞞です。自分たちの側からJRの動きを封じておいて、JRが行動を起こさないと非難するのは騙し討ちでしかありません。しかも、この事実が明らかにされて以降、川勝氏はJRに一切の謝罪をしていません。こうなると、先の三重県の中間駅発言も、川勝氏の思い違いであった可能性が否定できません。人間である以上、勘違いや間違いを起こすのは仕方ありません。しかし、明らかに自分の側に非があった時は、間違いを認め、相手に謝罪しなければなりません。もし、このまま謝罪がないようなら、川勝氏は嘘つきだと非難されても甘んじなければなりません。

|

« 経塚山山頂の局と交信 | トップページ | 東京新聞記者が、恣意的記事を論説 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 経塚山山頂の局と交信 | トップページ | 東京新聞記者が、恣意的記事を論説 »