« 三重県伊賀市の局と交信 | トップページ | 40万アクセス達成 »

2019年11月 5日 (火)

備えあれば・・・

昨日は文化の日の振り替え休日、3連休の最終日でしたが、好天に恵まれて各地の観光地は賑わったようです。その観光地の一つ、岐阜県白川村で無人の小屋を焼く火事があり、世界文化遺産に登録されている合掌造りの集落への延焼が心配されましたが、火災に備えた放水銃を一斉に放水するなどして、延焼することなく火元は鎮火することができました。

先日の首里城の火災では出火元で鎮火できず、次々と延焼する結果となりました。伝えられるところでは、城跡なので、消防車が近づけなかったことが、鎮火に手間取った理由の一つに挙げられていますが、大規模火災に備えた消火訓練もほとんど行われていなかったようです。一方の白川村では、燃えやすい茅葺屋根の合掌造りの防火対策に力を入れており、避難訓練で放水銃を一斉に放水する様は、風物詩として毎年テレビでも取り上げられています。今回は、出火元が集落から離れていたことや、規模の小さな無人小屋だったこともあって、比較的短時間で消火することができましたが、日頃の防火意識や毎年の消火訓練、延焼防止用の放水銃の設置などの日頃の備えが、効果を発揮した結果だと思います。

何にしても文化財に関する火災が立て続けに起きたことは、由々しき問題なので、関係者は他山の石として再度防火体制の見直しをして欲しいところです。

|

« 三重県伊賀市の局と交信 | トップページ | 40万アクセス達成 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三重県伊賀市の局と交信 | トップページ | 40万アクセス達成 »