« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月30日 (月)

無線機を持って山登り

このところ山から遠ざかってしまっていたので、日曜日に手軽に登れる豊橋市の座談山(ざだんやま 309m)に登って来ました。前日、山梨県河口湖町の局と、富士山の反射を利用した通信で交信できて気を良くしていたので、ハンディのトランシーバーを持って行くことにしました。

Pc290001r19

登山口は豊橋市の古刹、普門寺です。ここは平安末期の仏像を所蔵している由緒正しいお寺です。境内は東海自然歩道のコースにもなっており、ダジャレのようですが、山門から入山です。

Pc290002r19

ここはモミジの名所ですが、今年は秋が異様に暖かかったので、この季節になっても紅葉が楽しめました。

Pc290011r19

山中の伽藍跡。あちこちにイノシシが掘り返した跡がありました。干支も、もう少しで交代なので、デモンストレーションだったのでしょうか?湖西連峰から枝分かれした稜線に出ると、結構登山者に出会いました。師走のこの時期なので、そんなに登山者はいないのではと思っていましたが、世の中忙中閑を楽しむ人が結構いるようです。この分だと目的の山頂も賑わっているかも知れません。実は、以前とある山頂で周囲の迷惑を顧みずに無線機のスピーカーを鳴らしている登山者がいて、折角の山頂の雰囲気をぶち壊された嫌な思い出があるので、イヤホンを使うようにしているのですが、それでもあまり人が多いと迷惑になりかねません。

Pc290008r19

頂上の一角から見た伊勢湾方面。遥か遠くに鈴鹿の山並みが霞んで見えました。無線機からは、約115Km離れている三重県津市の尼ケ岳(あまがたけ 957m)の頂上にいる局からの電波が強力に受信できました。すぐにでも電波を出したいところですが、賑わいが落ち着くまで昼食を取って時間稼ぎをすることにしました。

Pc290006r19

あまり邪魔にならない場所にアンテナを立て、準備だけしておいて昼食を取りました。低気圧が接近しているせいか、風もなく穏やかな日和で、用意してきたダウンジャケットの出番はありませんでした。

結局尼ケ岳の局は下山してしまい、交信は叶いませんでした。交信できたのは30Kmほど離れた愛知県西尾市の茶臼山の局と、40Km離れた静岡県森町の局、浜松市と地元豊橋の局1局ずつの合計4局でした。この日使ったのは南アルプスの登山の時に使ったのと同じ出力1ワットのものですが、見通しが利けば結構遠距離と交信できそうです。これからは、もっと積極的に無線機を持って山に登ろうと思います。

 

 

| | コメント (0)

2019年12月27日 (金)

残った給食を持ち帰った教師が懲戒処分

堺市の市立高校で、余った給食のパンや牛乳を長年持ち帰っていたとして62歳の教師が減給の懲戒処分を受け、教師は依願退職する事件がありました。教師はもったいないとして、自宅に持ち帰って食べていたということですが、教育委員会は、余った給食は衛生面から廃棄するルールとなっている、持ち帰りが長期間に及んでいるとして減給の懲戒処分を科したとしています。

正直何が問題なのか、全く理解できません。ルールを教師自らが破ったと言うことですが、そもそも残った給食を機械的に廃棄物として見るのはいかがなものかと思います。私が小学生だった頃、学校を休むとクラスメートが給食のパンを届けてくれました。また、教室で配膳していたので、残飯は発生しませんでした。当時の給食に対する環境の違いもあるかとは思いますが、適正に管理された、当日の給食のパンや牛乳が衛生上問題になるとは考えられません。

昨今は機械的にルールを守ることを重視していますが、何故そのようなルールが決められたのかについては、全く論じられません。単に食べ手がいないと言うだけで、廃棄対象と見なされる食品が存在しながら、その処理について誰も疑問に感じなかったことの方がよほどおかしな話です。これをみんなで考えることこそ学校教育の原点である筈です。また、みんながおかしいと思ったルールを、どのようにするかを考えることも、生きた教育であった筈です。これらを無視して、ルール違反だからの一言で、いかにも硬直した考えです。ルールに盲従するようにして育てられた子供達に、将来困った問題に直面しても、自分で問題を解決する力が備わっているとは思われません。ルールを守ることは大切ですが、本質を誤ったルールを放置する方が、よほど問題だと思われます。

| | コメント (0)

2019年12月26日 (木)

穏やかな朝

昨日は物騒な贈り物も無く、今朝は穏やかな朝となりました。政治の世界はIRがらみの贈収賄問題が、どこまで拡大するかに関心が集まっていますが、年末を迎えて国民の関心も今一つのような気がします。安倍内閣も長期化するに伴い、タガが緩み切っているようで、大学入試民営問題に続き、国策事案を平気で金で売るような政治家がゴロゴロいるのが、腹立たしい限りです。来年こそはと思いたいのですが、・・・。

Dsc_0103

神社も新年の準備が整っていました。

| | コメント (0)

2019年12月25日 (水)

どんなクリスマスプレゼントが

今日はクリスマス、今年も残り一週間となりました。昨日のクリスマスイブは、楽しい食卓を囲んだ家庭も多かったことと思います。子供たちには、サンタさんから素敵なプレゼントがあったことでしょうが、大人たちには大変気になることがあります。それは、北朝鮮が米国に対し、素敵なクリスマスプレゼントを贈る用意があるとしていることで、過去の行動を見れば、弾道ミサイルを米国の鼻先に撃ち込むことが予想されます。

米国も、この挑発には早くから反応して、弾道ミサイルの発射を探知するRC-135コブラボール偵察機を2機、嘉手納空軍基地に派遣しています。RC-135は全部で3機しかない機体ですから、いかに米国がこの事態を重視しているかが判ります。我が国も、弾道ミサイル防衛能力を備えたイージス艦2隻を、日本海と東シナ海に配置して警戒に当たっています。

北朝鮮は、既にグアムやハワイ、そして米国東海岸を射程に収めた弾道ミサイルを開発していますが、新たにTEL(移動式発射機)を70両製造する計画を立て、既に量産体制に入っているものと見られ、一段と弾道ミサイルの発射能力を強化しようとしています。これまで、トランプ大統領は、短距離弾道ミサイルの発射については、米国本土への直接的な脅威ではないとして、寛容な姿勢を見せて来ましたが、北朝鮮が中・長距離のミサイルを発射すれば、メンツは丸つぶれとなります。北朝鮮は29日に最高人民会議を開き、重要な決定をするとしていますが、22日には中央軍事委員会拡大会議を開いており、軍事的な事項を決定した可能性があります。

世間が年末年始に浮かれている時、安全保障の分野の最前線の任務に就いておられる方々には本当に申し訳ない思いですが、万一の事態に備えて万全の態勢で当たって頂きたいと思います。

Photo_20191225082501

SM-3ブロック2の発射実験 (出典:防衛省)

| | コメント (0)

どんなクリスマスプレゼントが

今日はクリスマス、今年も残り一週間となりました。昨日のクリスマスイブは、楽しい食卓を囲んだ家庭も多かったことと思います。子供たちには、サンタさんから素敵なプレゼントがあったことでしょうが、大人たちには大変気になることがあります。それは、北朝鮮が米国に対し、素敵なクリスマスプレゼントを贈る用意があるとしていることで、過去の行動を見れば、弾道ミサイルを米国の鼻先に撃ち込むことが予想されます。

米国も、この挑発には早くから反応して、弾道ミサイルの発射を探知するRC-135コブラ偵察機を2機嘉手納空軍基地に派遣しています。RC-135は全部で3機しかない機体ですから、いかに米国がこの事態を重視しているかが判ります。我が国も、弾道ミサイル防衛能力を備えたイージス艦2隻を、日本海と東シナ海に配置して警戒に当たっています。

北朝鮮は、既にグアムやハワイ、そして米国東海岸を射程に収めた弾道ミサイルを開発していますが、新たにTEL(移動式発射機)を70両製造する計画を立て、既に量産体制に入っているものと見られ、一段と弾道ミサイルの発射能力を強化しようとしています。これまで、トランプ大統領は、短距離弾道ミサイルの発射については、米国本土への直接的な脅威ではないとして、寛容な姿勢を見せて来ましたが、北朝鮮が中・長距離のミサイルを発射すれば、メンツは丸つぶれとなります。北朝鮮は29日に最高人民会議を開き、重要な決定をするとしていますが、22日には中央軍事委員会拡大会議を開いており、軍事的な事項を決定した可能性があります。

世間が年末年始に浮かれている時、安全保障の分野の最前線の任務に就いておられる方々には本当に申し訳ない思いですが、万一の事態に備えて万全の態勢で当たって頂きたいと思います。

Photo_20191225082501

SM-3ブロック2の発射実験 (出典:防衛省)

| | コメント (0)

2019年12月23日 (月)

Fー35A が1機94億円に

先日も記事にしましたが、これまで機体価格が高額だとして評判が悪かったFー35A の価格が、劇的に引き下げられました。先日公表された来年度予算案によれば、国内での組み立てよりも、完成した機体を輸入する方が十億円以上安くなるとされていた価格が、更に安くなりました。

Fー35A は最新型のステルス戦闘機であり、開発費が増大したことから1機当たり130億円前後となって、高額過ぎるとの批判の声が上がったことから、国内組み立てから完成機の輸入に一旦は方針が転換されました。今年度の予算では、6機で681億円でしたので、1機当たりは113.5億円でした。ところが来年度予算では、3機で281億円なので、1機当たりは93.7億円と実に20億円も安くなっています。

我が国は武器輸出三原則の関係で、Fー35の共同開発に加わることはできませんでした。それなのに、ここまで安くなったことに驚くしかありませんが、正直なところ理由が全く判りません。しかも、かつては高いと言われた国内での最終組み立てでの価格です。おそらくは政治的な判断によるものでしょうが、あまりの差額の大きさに、ただただ戸惑うばかりです。

| | コメント (0)

2019年12月21日 (土)

無線局の出力アップを申請

またまた無線の話です。アマチュア無線は、保有する資格によって扱える無線機の出力の上限が違います。開局以来、4級(旧電話級)の資格しか持っていませんでしたので、操作できるのは出力10W(144、430MHzは20W)迄でした。これはこれで、十分楽しめるのですが、様々な条件で交信をしていますと、もう少しパワーが欲しいと思う場面が無い訳ではありません。そこで、この夏に思い切ってワンランク上の3級の資格を取ったのですが、肝心の高出力の無線機にまで、手が回らなかったので、従来通りの出力を余儀なくされていました。そして、先日になって、やっと資金の目途が付いたので、念願の無線機を購入することができました。

Pc210601

こちらが新しい無線機です。出力は従来の8倍以上、サイズも大きく、ツマミやボタンの類もぐっと増えました。

P1010505_20191221215401

こちらが従来の無線機です。

但し、アマチュア無線と言えども、国によって認可された免許が必要なので、いくら上級の資格を取ったからと言っても、勝手に新しい無線機を運用することはできません。従来認可されていた内容の変更が必要になるので、変更の手続きを申請しなければなりません。以前は申請書類を手に入れ、必要項目を記入して郵送で申請しなければなりませんでしたが、昨今はインターネットで簡単に手続きができるので、早速電子申請で変更の手続きを行いました。新しい免許状の交付まで2、3週間ほどかかりそうなので、到着を待ってパワーアップをしたいと思っています。

| | コメント (0)

2019年12月20日 (金)

浜松市が行政区の統合で2区案を提示

浜松市は広域合併の経緯から、現在7つの行政区となっています。これは、合併に際し、大が小を飲み込むのではなく、対等な立場で連携し、それぞれの地域の独自性を尊重しようと言うことからでした。ところが、現在の鈴木市長は、人件費の抑制の観点から7つの区を統合して3、4の区にしたいとして選挙の争点にし、住民投票を行いましたが、過半数を超える支持は得られず、統合問題は振り出しに戻っています。

ところが、18日に開かれた市議会の特別委員会で、市側が2区案を提案したことが明らかになりました。2区案と言うのは、人口減少が問題となっている山間部の天竜区と、その他の6区を一つにしたものですが、ちょっと乱暴すぎる気がします。人口を比べても、天竜区が約2.9万人であるのに対し、6区合計は約78万人で天竜区とのアンバランスは明らかです。これでは何のための行政区なのか、意義が問われかねません。

では、他の政令指定都市は見てみると、人口が同規模の新潟市は約79万人に対し、行政区は8で現在の浜松市とほぼ同じです。人口が110人とやや大きい仙台市は5で、1区当たりの単純平均人口は22万人です。どちらの市も周辺の市町村との合併を経ていますので、母体となった元の市の規模や、周辺地区との地理的要因や歴史的な関係がありますので、一概に区の数が多い少ないとは言えません。しかし、やはり新提案の2区には唐突感が否めません。今後の経緯を注視したいと思います。

| | コメント (0)

2019年12月19日 (木)

朝の停電

年末とは思えない天気が続いていますが、昨日は最高気温が20℃を超えました。暖冬を通り越している気がしますが、それでも今年も残すところ、今日を入れても2週間を切ってしまいました。何とか懸案を年内に片付けたいと思うのが人情ですが、それでも、以前と比べると慌ただしさは、それほどでもなくなったような気がします。

さて、そんな師走の朝に停電がありました。近所で工事があったためで、事前に通知されていたものですが、それでも突然電気が消えると戸惑います。照明は必要無いとしても、暖房器具が使えず、シャワートイレも使えません。固定電話も光回線なので、使えなくなりました。今年は自然災害が多く、各地の停電のニュースが多く流れましたが、判っていた筈のわずかな時間の停電によって、うろたえる自分が情けなく感じられました。日頃からこう言う事態にうろたえないようにと考えていたつもりですが、まだまだ修業が足りないようです。

Pb300137r

| | コメント (0)

2019年12月14日 (土)

電波料の納付で問題が

先ほど近くのコンビニで、電波料を納付して来ました。一般の人には電波料と言っても何のことか判らないと思いますが、一定の条件の電波を発信すると自治省に対して、電波料を支払わなければなりません。利用料の額は、事業内容によって決められていますが、アマチュア無線も例外ではなく、免許を交付されると納付の義務が生じます。これは実際の運用実態とは無関係なので、年間何百時間送信しようが、全く電波を出さなくてもアマチュア局一局当たり、一律に年間で300円です。昨年、一昨年はほとんど電波を出さなかったので、わずかな金額ですが素直な気持ちで納付できませんでしたが、今年は本格的に再開して、延べで100局以上の局と交信しましたので、納得しての納付です。

これ以外にも、免許を交付したり更新する際にも自治省に手数料を納付する必要がありましたので、ゆうちょ銀行の口座からネットで直接支払いができるPay-easyと言う制度を利用していました。ところが、今回もこの制度を利用して納付しようとしてふと気が付きました。それは送金の際に、郵貯銀行から送られるワンタイムパスワードのメールアドレスを、携帯電話からスマホに変更した際に、そのままになっていたのです。直前になって気づいたので、アドレスの変更を行なおうとしたら、いわゆるauやドコモなどのキャリアのアドレス以外が受け付けられないことが判りました。私の場合は元々auだったので、登録時は問題なかったのですが、現在はMVNOと呼ばれる格安携帯電話会社を利用しているので、@ezwebなどと言った電話会社のアドレスがありません。すると手続き上変更ができない仕組みになっているようです。

どうしても他のアドレスに変更するためには、元々登録したアドレスを一旦取り消す必要があるようなのですが、この作業がパソコン上では行えず、郵便局に出向くか郵送での手続きが必要とのことで、結局今回の納付に間に合いそうになかったので、コンビニでの納付となった訳です。なんで、こんな面倒なことになっているのか判りませんが、利用者の都合を無視した制度であることを痛感しました。

ゆうちょ銀行側としては、第三者による悪用の防止のため、とのことですが、元々ユーザーID・パスワード・暗唱番号を設定した上に、秘密の質問を3問も設定しており、常識的に考えて、簡単に成り済ますことはできないと考えられます。更に言えば、変更前のアドレスにアドレスが変更されたことを通知する仕組みにしておけば、第三者が勝手に変更してもすぐ判ります。もっと利用しやすい制度にして欲しいものです。

 

| | コメント (0)

2019年12月12日 (木)

政府がF-35の国内組み立て継続に方針転換

日経新聞やNHKの報道によれば、政府がステルス戦闘機、F-35の国内組み立てを継続することに方針転換した模様です。政府は、ステルス戦闘機F-35Aの導入に当たり、最終組み立てを国内で行う前提で42機を調達しています。これは、戦闘機の製造能力を維持することが目的でした。しかし、その後、追加調達を行うに当たり、国内で組み立てを行うと割高になるので、完成した機体を輸入するよう今年の1月に方針転換をし、105機の追加導入を決定していました。

今回の決定はいささか唐突ですし、理由も、再検討したところ国内組み立ての方が安いことが判ったためとしていますが、具体性がありません。トランプ政権は、駐留米軍経費の負担増を迫っていますが、もしかしたらこの動きと何らかの関係があるのかも知れませんが、今のところは詳細は判っていません。いずれにしても、高額な税金の使途に関わることなので、推移を注視したいと思います。

| | コメント (0)

2019年12月11日 (水)

冬の朝顔

今年も残り3週間を切ったのに当地の今日の最高気温は18℃と、12月としては異常に高くなると予想されています。でも本来は日中も暖房が必要になる季節ですが、今年はどうも暖冬傾向のようです。と言う訳でもないのですが、我が家では現在朝顔を生育中です。

Pc110598

勿論、普通に発芽する訳はありません。孫が、庭で枯れたツルに残っていた種を見つけ、プランターに埋めてしまったので、今年の秋の高温によってか、芽を出してしまったのです。流石に露地では無理だと思いましたので、数日前に植木鉢に植え替えて出窓に置いています。一応日中は暖かな環境になる訳ですが、夜間はそれなりに冷え込みますので、どこまで育つか判りませんが、折角芽を出したのだから、何とか花を付けてくれないかと期待しています。

 

 

| | コメント (0)

2019年12月10日 (火)

浜松市消防ヘリが来年4月運航再開予定

浜松市は消防ヘリを運用していましたが、パイロット二人体制を前倒しして導入するつもりが要員の退職を招き、今夏から運航を中止しています。全国的に消防ヘリの事故が相次いだことから、将来的にパイロット二人体制が義務付けられることになっていますが、昨日の市議会でこの問題が取り上げられ、元空自のパイロット一名を採用できたことから必要な資格を取得させた上、来年4月から運航を再開させる意向であることが判りました。

これまでは相互運用協定を結んでいる静岡市や県警のヘリに代行を依頼していましたが、自主運航に復帰できるのは朗報です。この間、運航中止による重大問題はなかったと思われますが、現在はパイロット二人体制への移行期間のため、必ずしも二人でなければ飛行してはいけない訳ではありません。そもそも消防ヘリは緊急時に運用するものなので、もう少し柔軟な発想を持つべきではなかったかと思われます。

P9060044_20191210090401

浜松市の消防ヘリ「はまかぜ」です。

| | コメント (0)

2019年12月 7日 (土)

うな丼が食べたい!

今週に入って一気に寒さが厳しくなりました。寒い時には鍋物が恋しくなりますが、栄養価の高い物を食べて寒さを乗り切ろうと思いました。そこで、ウナギでもと思ったのですが、少々お値段が気になります。そこで、以前から気になっていたこちらを・・・。

Pc070596

見た目は、うな丼そのものですが、実は・・・。

Pc070592

あなごのかば焼きです。ウナギは稚魚のシラスウナギの不漁で、価格が高騰してしまいました。そこで、近大が代用品としてナマズの養殖を進めていますが、まだまだ流通されるまでには至っていません。以前からあなごは見た目が似ているとは思っていましたが、全く違う味覚だとの認識でした。実際に丼として食べてみると、びっくりするくらいによく似ています。全く判らないと言うことはありませんが、それでも100点満点で90点は付けられるのではないかと思います。

 

 

| | コメント (0)

2019年12月 3日 (火)

またもや高齢者が逆走事故

先日も、高齢者の事故対策の一つとして自動ブレーキが義務化される話題を取り上げましたが、またまた高齢者による逆走事故が起きてしまいました。報道によれば80歳の男性が運転する軽自動車が関越道を走行中、立ち寄ったSAを出る際に誤ってSAへの進入レーンに入り込み、そのまま本線を4Km逆走、対向車の普通乗用車と正面衝突して双方の車は大破しました。この事故で、逆走した80歳の男性は死亡、対向車を運転していた74歳の男性も両足首を骨折する大けがを負いました。

死亡した男性は、10年ほど前に脳梗塞を発症、後遺症で足が不自由になっていたということですが、「他人に迷惑をかけたくない」として、周囲の免許証を返納したらとの声に耳を傾けず、運転を続けていたと言うことです。並走する形になった対向車線のドライバーによれば、法定速度を超える100Km以上のスピードで走行していたようで、逆走している認識を持っていなかったのではないかと言うことです。

高齢者は一般的に認識機能が低下していますが、今回の場合は認知能力が低下してしまい、正常な判断ができなくなってしまっていたことが考えられます。運転者が、自らの運転能力の低下を自覚して、運転を自粛してくれれば良いのですが、本人があくまでも運転を強行した場合は、有効な手立てがありません。異常な運転を感知し、車が自動的に停止するような機能の搭載も将来的には必要になるのかも知れません。

 

| | コメント (0)

2019年12月 1日 (日)

防潮堤を見に中田島砂丘へ


浜松市では大地震によって発生する津波に対処するため、天竜川西岸から浜名湖今切れ口までの17.5Kmについて防潮堤を整備しています。この9月までに全体の9割が完成したとの報道がありましたので、本日、遅まきながら久し振りに現地に行って来ました。

Pc010001r19jpg

ちょっと判りにくいかも知れませんが、写真の中央部分の砂丘のように見えるのが防潮堤です。

Pc010002r19

別角度で。中央のフェンスのように見えるのが、葦で作られ、砂の移動を防止する堆砂垣(たいさがき)で、この辺りの防潮堤の高さは、およそ15mとなっています。

Pc010006r19

こちらも判りにくいかも知れませんが、防潮堤の頂上部分です。

Pc010011r19

防潮堤の上から見た市の中心部。その後ろに見える山々も全て浜松市です。

Pc010005r19

15mの高さからなので、防風林越しに富士山もしっかりと見えていました。15mはビルの5階位に相当しますので、ちょっとした展望台のようなものですが、試しに持参したアマチュア無線のスイッチを入れたら、約40Km離れた菊川市の局が交信相手を探していました。呼びかけると、一発で応答があり、交信成立です。ハンディ機の1.5Wの電波ですが、高さのおかげで見事届いてくれました。

Pc010017r19

わずかに残された、本来の砂丘の姿です。いつまでもこの姿を残してもらいたいものです。

 

 

| | コメント (0)

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »