« 郷土史教育は大切 | トップページ | 新型肺炎、対応が後手に回り拡大の一途 »

2020年1月22日 (水)

今年は手帳購入を見送り

毎年、年末になるとスケジュール管理用にダイアリー式の手帳を購入していました。元々は勤めていた会社が自社の手帳を作成していたので、それを使っていたのですが、退職してからは同様のものを書店で購入していました。現役時代は毎日のように手帳を開き、予定の確認をしたり、新規の予定を書き込んだり、大切な情報を記録したりしていたのですが、定年退職してからは書き込むこともまばらとなってしまい、新品に近い状態で年末を迎えるようになってしまいました。それでも長年の習慣で、その年の手帳が無いと新年を迎えた気分にならず、年を越してから買うこともありましたが、ここ何年かは明らかに書き込む回数が減ってしまっており、ついに今年は思い切って購入を見送ることにしました。最近は年賀状の差出を止める人が増えているようですが、歳を取ると生活様式の見直しが必要なのかも知れません。

年が改まって3週間が経ちましたが、今のところ特に不自由も感じていませんので、やはり今の自分には必要ないものになってしまったようです。とは言っても、やはり記録用に手帳は必要なので、カレンダーの無い小型の手帳を使っています。

|

« 郷土史教育は大切 | トップページ | 新型肺炎、対応が後手に回り拡大の一途 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 郷土史教育は大切 | トップページ | 新型肺炎、対応が後手に回り拡大の一途 »