« 武漢からの帰国第一便が中国を出国 | トップページ | 英国がEUを離脱 »

2020年1月31日 (金)

新型肺炎の影響が深刻化

WHOがついに国際的な緊急事態を宣言しました。新型コロナウィルスによる肺炎の全世界での感染者数が9000人に達し、国内での感染者数が14人と日を追うごとに患者数が増えています。武漢からの帰国者については厳重な検査が行われていますが、新たに判明した感染者は、武漢在住者や滞在経験者なので、経由地を含む中国からの入国者についての対応を根本的に考える時期に来ているように思われます。

昨夜京都からの知人と落ち合うため、浜松駅に出向いたところ、中国人と思われるグループと遭遇しました。本来なら春節で多数の中国人が来日していたであろうと思いますが、中国政府が団体旅行での出国を禁止したため、見かけたのはこのグループだけでした。知人の話によれば、京都方面ではマスクが売り切れてしまい、入手困難になっているとのことでした。当地ではつい最近まで普通に買うことができましたが、もしかしたら同様の事態になっているかも知れません。幸い我が家では60枚入りを買ったばかりなので、当面は安心ですが、事態の深刻化が強まれば、この先どうなるか判りません。今のところ、飛沫や指先の接触によって感染するものと思われますので、外出時のマスクの着用とこまめな手洗いを心掛けたいと思います。

P1260054r20

今年は異常暖冬ですが、それだけが救いです。

|

« 武漢からの帰国第一便が中国を出国 | トップページ | 英国がEUを離脱 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 武漢からの帰国第一便が中国を出国 | トップページ | 英国がEUを離脱 »