« 2020年始動 | トップページ | 米国、イラン全面戦争は回避 »

2020年1月 7日 (火)

FM補完放送を利用

正月に一泊で登山をして来ましたが、その際にFM補完放送(ワイドFM)を利用しました。登山の際は、天気予報や重大なニュース、夜明けまでの時間つぶしにラジオを利用します。これまでは携帯用のラジオを持っていったのですが、昨年以来アマチュア無線のハンディ機を持って行くようにしたので、ラジオの携行は止めました。と、言うのは私が持っている機種はラジオの受信機能があるためです。とは言っても、そこは一般的な携帯ラジオとは違い、受信には一定の長さのアンテナが必要です。特に電波状況の悪い山中で、中波のラジオ放送を聞くのには、それなりの長さのアンテナ線が不可欠でした。でも、それらを用意するのはわずらわしいので、これまでは短い無線用のアンテナで代用していましたが、残念なことに感度が十分ではありませんでした。

Dsc_0087_20200107083101

従来使っていたアンテナです。これでも交信には十分役立っていたのですが、最近更に長いアンテナを入手したので、今回はそのアンテナも持って行きました。上手く受信できるところはないかと放送局を探しながら操作していると、従来のFM放送より少し高い周波数のところで、強力に受信できる局が何局か見つかりましたが、それがFM補完放送だったのです。FM補完放送と言うのは、民間ラジオ局が難視聴地域解消や、放送施設の更新費用削減のために展開している中波の放送を、そのままFM波で送信している放送です。今回は、ニッポン放送やTBS、地元SBSが鮮明に受信することができました。これまで、自宅では必要性が全くなかったので、利用したことはありませんでしたが、このような用途には大変ありがたい存在であることが判りました。これからは、もっともっと有効に利用したいと思います。

|

« 2020年始動 | トップページ | 米国、イラン全面戦争は回避 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2020年始動 | トップページ | 米国、イラン全面戦争は回避 »