« アマチュア無線の新しい免許状が届く | トップページ | 護衛艦の中東派遣問題で閉会中審査 »

2020年1月16日 (木)

国産ウイスキー冬の時代続く

ニッカウヰスキーは「竹鶴」の17年、21年、25年などの年代物の製品の販売を3月末で終了と正式に発表しました。国産ウイスキーメーカーは、どこも最近のハイボールブームなどでウィスキーの販売が好調を続けたことから原酒不足に陥り、相次いで主力製品の販売中止に追い込まれていますが、新たに竹鶴のエイジ物も姿を消すことになりました。昨秋にはキリンの富士山麓樽熟原酒50°が終売になるなど、手ごろな価格の特徴的なウィスキーが手に入らなくなるのは本当に悲しいことです。

しかもその理由が、販売好調につきと言うのが何ともです。私は以前から「余市」のノンエイジを愛飲していましたが、厳守不足のあおりを受け、価格は2倍になってしまい、めったに飲めないお酒になってしまいました。仕方がないので最近は安いスコッチを探して飲んでいますが、かつてはスコッチは高級品、国産品は大衆向けのようなイメージがありましたが、変われば変わってしまったものです。原酒のストックが回復すれば、また事情は変わるのかも知れませんが、旨いウイスキーが手頃な値段で飲める時代に戻って欲しいものです。

|

« アマチュア無線の新しい免許状が届く | トップページ | 護衛艦の中東派遣問題で閉会中審査 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アマチュア無線の新しい免許状が届く | トップページ | 護衛艦の中東派遣問題で閉会中審査 »