« 岩田教授問題 | トップページ | 名古屋城木造天守、2028年完成を検討 »

2020年2月22日 (土)

50年振りの再会

新型肺炎の流行を受け、各地で大規模なイベントが中止となっています。人が大勢集まれば感染のリスクは高まりますから、これはこれで仕方がないのかも知れませんが、批判を避けて中止にしてしまおうと言った印象を受けなくもありません。政府が、中止の基準を民間に丸投げしたことが、こうした動きに拍車をかけていることは否めないような気がします。

ところで、先週の日曜日に地元で「静岡県西部ハムの祭典」が開かれ、600名を超えるアマチュア無線家が集まりましたが、現在の状況だったら開催できたか微妙なところです。私も無線活動を再開しましたので、昨年に続き参加しましたが、会場で旧知の愛好者と出会い旧交を温めることができました。その中の一人に高校のクラスメートがおり、実に50年振りの再会となりました。50年も経てばお互い風貌も変わっていましたが、私が胸にコールサインと名前を記した名札を付けていたことで、確認が可能となりました。声をかけられた時は、一瞬びっくりしましたが、時を経たとは言え、当時の面影が残っていましたので、直ぐに彼と判りました。もし、このイベントが中止になっていたら、50年振りの再会も無かったわけですから、無事に開催してくれて本当に良かったと思います。

|

« 岩田教授問題 | トップページ | 名古屋城木造天守、2028年完成を検討 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 岩田教授問題 | トップページ | 名古屋城木造天守、2028年完成を検討 »