« 新型肺炎、感染者が1000名をオーバー | トップページ | 大人のおもちゃ »

2020年3月 6日 (金)

今年の花見はどうなるの?

今年は例年にない暖冬で、桜の開花も大幅に早まりそうです。開花時期を予想して、お花見を計画している人も多いかと思いますが、今年は新型肺炎の流行もあり、大勢の人出が予想される花見については感染リスクが高まるとして、東京都が自粛を要請しています。足の踏み場もないくらい混雑するような人気エリアであれば、そのような心配も必要なのかも知れませんが、屋外であり、十分な空間が確保できる場所においてはそこまでの心配が必要なのか、ちょっと疑問に感じています。

家に籠って他人と接触しなければ、確かに感染のリスクは減るのでしょうが、かと言って買い物や通勤などで外部の人との接触は避けられません。どちらがリスクが高いかと言えば、私には買い物での店内の買い物客との距離やレジとの距離の方がはるかに気になります。昨日も触れましたが、判明している感染者の行動をみれば、圧倒的に屋内が感染場所になっています。それを思えば、青空の下で風に吹かれながら、桜を愛でる方が、精神衛生上もはるかに意義があるように思いますが、皆さんはどうされますでしょうか?

P4070017

|

« 新型肺炎、感染者が1000名をオーバー | トップページ | 大人のおもちゃ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新型肺炎、感染者が1000名をオーバー | トップページ | 大人のおもちゃ »