« 山の上から無線交信 | トップページ | 宮古島と交信で交信距離を更新 »

2020年3月19日 (木)

南大東島と交信

昨日、南大東島の局と7MHzで交信できました。南大東島は沖縄の東方約400Kmの洋上に浮かぶ離島で、人口は1300人足らずの小さな島です。位置関係から、台風の放送に良く取り上げられますが、ラジオの気象通報での観測点にもなっています。人口の少ない離島なので、当然アマチュア無線を開局している人も少なく、恐らく現在では昨日交信した1局だけではないかと思われます。

Photo_20200319081701

そんな訳ですから、その局が電波を出しますと交信を希望する多くの局が殺到します。私自身、これまで何回も呼びかけましたが、いつも他の局にかき消されてしまい、交信はかないませんでした。昨日も受信していると、この局が聞こえましたので、前の局との交信が終わるのを待って、呼びかけました。すると、どうしたことか私のコールサインが呼ばれ、無事交信が成立です。これまで何回呼んでも、全く交信できなかったのが、嘘のようにあっさり交信出来て、いささか拍子抜けでしたが、やっと交信出来たという嬉しさが、それ以上にこみあげて来ました。夢中で交信し、交信証明のQSLカードの交換を約束して10分ほどで交信を終了しましたが、軒先に上げた20mほどの電線のアンテナで、1170Km離れた離島と思いがけず交信でき、大満足です。1170Kmは浜松市と北海道の網走市との間に相当する距離ですが、物理的な距離以上に大変うれしい交信となりました。

|

« 山の上から無線交信 | トップページ | 宮古島と交信で交信距離を更新 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山の上から無線交信 | トップページ | 宮古島と交信で交信距離を更新 »