« 浜松で初の感染者 | トップページ | 今年もカタクリ山に »

2020年4月 2日 (木)

浜松で新型肺炎2人目が発生

最近はこの話題ばかりになってしまいましたが、またまたこの話題です。昨日、浜松市が市内在住の30代の会社員が新型肺炎に罹患したと発表しました。浜松市によれば、先月21日に京都で行われたオフ会に参加、24日になって悪寒がして発症。30日にオフ会参加者の感染を知り、31日午前零時頃救急車で入院し、PCR検査で感染が確認されたと言うことです。これで浜松市での感染者は2人となりました。

浜松市の人口がおよそ80万人なので、現在のところ40万人に1人の割合です。日本全国では1日現在で感染者数が2384人なので、人口当たりの感染者は5.3万人に1人です。現在感染が拡大している東京都では人口1394万人に対して527人なので、2.6万人に1人となっており、全国平均の2倍の発生率となっています。爆発的な感染が懸念されている大阪、兵庫がそれぞれ3.6万人に1人、3.8万人に1人なので、全国平均を上回ると危険水域と見て間違いなさそうです。人の移動が増加したした現代では、感染者の流入を完全に食い止めることは不可能なので、個人個人で、防衛するしかなさそうです。

|

« 浜松で初の感染者 | トップページ | 今年もカタクリ山に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 浜松で初の感染者 | トップページ | 今年もカタクリ山に »