2018年2月14日 (水)

F-35Bの導入は確定的か

昨年の暮れあたりから、政府関係者の話としてヘリコプター搭載護衛艦でF-35Bを運用する構想が各紙で取り上げられるようになりましたが、今度は12日付けの読売新聞が、複数の政府関係者の話としてF-35Bの導入とヘリコプター搭載護衛艦での運用について取り上げています。

http://www.yomiuri.co.jp/politics/20180212-OYT1T50012.html

記事に添付の表によれば、性能的に見劣りが目立つF-15戦闘機の未改修機の一部をF-35Bに更新すると言うもののようで、実際の導入機数については触れていません。
これまで、陳腐化が進むF-15戦闘機の未改修機については多額の費用をかけて改修するよりも、新型機に更新する方が安上がりとの声がありましたが、これはF-35Aを念頭に置いたものでした。今回、F-15戦闘機の未改修機の後継としてF-35Bを導入すると言うのは新たな視点です。

F35b_hp

着陸態勢に入るF-35B戦闘機 (出典:在日海兵隊HPより)

Photo

読売新聞の表を元に現有機の更新構想を再作成してみました。現有機の機数については独自調査の数字を取り入れていますので、読売新聞の数字とは一部違っています。

空自はF-2戦闘機の後継として国産の新型戦闘機(F-3)の導入を構想していますが、開発費を考えれば、できるだけ多くの機数を生産する方が経済的には有利です。F-15の未改修機は現在約99機を保有していると思われますが、F-35Bの導入数が多くなるとF-3の生産数が少なくなってしまう可能性があります。

防衛省は現在F-15の1飛行隊のみの新田原基地に新たに1飛行隊を増設して他の基地同様に2飛行隊とする検討を検討を進めているとされていますが、そうであれば約20機となります。ただ、その場合にヘリコプター搭載護衛艦で運用する機体をどうするかと言う問題が残ります。新田原の機体を派遣するのか、それとは別の機体を用意するのか明らかではありません。今回の読売新聞の記事からは、どうも後者の構想が有力であるかのような印象を持ちますが、政府が年内に改定する防衛力整備の基本指針「防衛計画の大綱」で今後の戦闘機の総数や運用構想などが明確にするまでは予想でしかありません。

しかし、中国が我が国周辺での航空機の活動を活発化させる中、国産ステルス戦闘機のJ-20の配備を宣言するなど一段と緊張が高まる中、F-35Bの導入は必然と言えるのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月11日 (日)

攻撃ヘリとは

佐賀県神埼市の民家に自衛隊の攻撃ヘリAH-64Dが墜落して今日で1週間です。事故原因については今のところ明らかになっておらず、どうやら事故調査委員会の報告書まで公表されることは期待できないようです。
ところで墜落したAH-64Dですが、攻撃ヘリとはどのような航空機なのでしょうか。

世界初の攻撃ヘリは、ベトナム戦争での戦訓を元に、汎用ヘリUH-1をベースに米軍が開発したAH-1で相手の攻撃を避けるために機体の幅はわずか99cmしかありません。陸上自衛隊はAH-1の改良型であるAH-1Sを1985年頃から90機導入しています。

Uh1

ベースとなったUH-1汎用へりです。

Pa150041r17

こちらが攻撃ヘリのAH-1Sです。機体幅の狭いのが判ります。乗員は2名ですが、機体幅が狭いため、座席は前後に配置されています。

攻撃ヘリは機首にガトリング機銃を装備し、ロケット弾や対戦車ミサイルを装備して地上の敵勢力を殲滅し、味方の輸送ヘリの安全を守ることを主任務としています。特に陸上の最強兵器と言われる戦車に対し、上空から対戦車ミサイルで攻撃することで、装甲の薄い上部を撃破できますので、一気に戦車キラーの存在となりました。半面、携帯ミサイルの進化により、歩兵からの対空ミサイル攻撃にさらされることになり、攻撃ヘリ、歩兵、戦車が三すくみの状況になり、一部では攻撃ヘリ無用論が叫ばれる状況となっています。

Pa162549

AH-1Sを後ろから。エンジンはターボシャフトエンジンが1基搭載されているのが良く判ります。

陸自では老朽化したAH-1Sを更新するために、新たにボーイング社のAH-64Dの採用を決め、2006年から62機を導配備する計画でしたが途中で計画を破棄し、13機を導入したところで、採用を打ち切ってしまいました。

Ah64d

AH-64D攻撃ヘリ、愛称はアパッチです。

今回墜落したのは、この13機の内の1機でした。残る機体はわずか12機となってしまいました。陸自では当初、OH-1観測ヘリをベースに国産攻撃ヘリを開発する計画でしたが、防衛省の採用を巡って経緯が不適切と判定され、この計画は中止となってしまい、AH-64Dを更新する計画は白紙となったままです。

Oh1

AH-1Sによく似た外観の国産のOH-1観測ヘリです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 3日 (土)

SM-3ブロック2Aでの迎撃実験に失敗

1月31日、米国ミサイル防衛局がハワイに設置したイージスアショアからSM-3ブロック2Aの迎撃実験を行いましたが、迎撃に失敗しました。ミサイル防衛局は現在のところ失敗の原因を明らかにしていません。

SM-3ブロック2Aは射程2000Km、迎撃高度1000Kmと従来のブロック1Aの性能を大幅に向上させた新型の迎撃ミサイルで、我が国が導入を予定しているイージスアショアでも運用が予定されています。

Sm3a

SM-3ブロック2Aの外観イメージです。ミサイル本体をブースターと同径にしたので、少しずんぐりした印象です。

2017年2月4日に最初の迎撃実験がハワイ沖で行われ、イージス艦から発射されたSM-3ブロック2Aが標的の迎撃に成功しました。2回目は6月22日に行われましたが、迎撃に失敗しました。原因は戦術データーリンクコントローラーが標的を味方と誤判定したため、イージス艦「ジョン・ポール・ジョーンズ」の操作員が自爆スイッチを操作して、標的手前で自爆させてしまったためで、イージスシステム、SM-3双方に問題はありませんでした。

今回、満を持して3回目の迎撃実験に臨んだ訳ですが、まさかの迎撃失敗です。原因が公表されていませんので憶測は避けるべきと考えますが、ブロック1Aから機体を大型化し、シーカーも口径を大きくして目標の探知能力を高めたものとなっており、従来の機体とは全くの別物となっていて、システム的なエラーの可能性も排除できません。原因が深刻な内容であった場合には、改良に時間を要しますので我が国への導入時期にも影響が出ることも考えられますが、その間は従来のブロック1A、シーカーを2波長赤外線センサーに向上させた改良型のブロック1Bで乗り切るしかありません。

Sma_3

2017年2月のブロック2A迎撃実験  (出典:防衛省)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月30日 (火)

安倍首相が空母保有の検討を否定

国会の代表質問が始まり、24日には共産党の志位委員長が防衛装備に関する質問を行い、安倍首相が空母の保有に対して「具体的な検討を行った事実はない」と答弁しました。

これは志位委員長の質問が適切でなく、「空母」の保有は検討していなくても、固定翼機(ヘリコプターのようなプロペラを持っていない航空機)を搭載できる揚陸艦の検討は行っているはずです。また、ヘリコプター搭載護衛艦を改造して固定翼機運用能力を持つ構想を検討しているとも伝えられています。

では、そもそも空母の定義はと言えば、厳密なものは存在しません。ロシアは空母を運用する際、ボスポラス海峡を通過するために、空母の名称を使わず、航空巡洋艦と言う名前を使って、航行権を行使しています。ちなみに、第二次大戦以前の軍縮会議である1921年のワシントン軍縮会議では、「水上艦船であって専ら航空機を搭載する目的を以って計画され、航空機はその艦上から出発し、又その艦上に降着し得るように整備され、基本排水量が1万トンを超えるものを航空母艦という」と定義していました。

つまり、「専ら航空機を搭載する目的を以って計画された艦船」が空母と言うことになります。従ってこの定義に従えば、兵員や車両を輸送しながら航空機を運用する揚陸艦は空母の定義から外れることになります。従って現在政府が検討中とされる、強襲揚陸艦やいずも型ヘリコプター搭載護衛艦などは一応空母の定義から外れることになりますので、首相の答弁に誤りはないことになります。

Fb_2

強襲揚陸艦ワスプからF-35Bが発艦するイメージです。ワスプは全長257.3m、全幅42.7mの全通甲板を持ち、F-35Bを最大20機搭載可能で、まさに機能としては空母そのものです。

Photo

護衛艦いずもは全長248m、全幅38mとほぼワスプに匹敵する全通甲板を備えています。恐らく12~16機のF-35Bの搭載が可能ではないかと考えられます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月22日 (月)

F-35Bといずもがまた話題に

このところF-35Bや護衛艦いずもの空母改装案の話題が度々取り上げられていますが、昨日の中日新聞が2面でこの話題を取り上げていました。

記事の要旨はいずもを改修して固定翼機運用能力を持たせ、有事には米軍の戦闘機の発着を予定しており、防衛省幹部は「海上に戦闘機の発着場所が増え、運用の柔軟性が増す」としていると言うものです。

一方、柳沢協二氏の話として、いずもを改修して対地攻撃可能なF-35Bを搭載可能にすれば、これは攻撃力の保有となる。相手国が脅威だと受け止め、緊張が高まれば、日本が生きていくための環境をかえって悪くする可能性がある。今は「武器には武器」という発想がい撮り歩きしているといった否定的な論調の記事を隣り合わせて掲載しています。

柳沢氏の主張は一見正しいように見えますが、では我が国がこれらの装備を持たなければ安全が保障されるのかと言えば、現実は全く逆となっています。中国は既に艦載機J-15を最大36機搭載できるとする空母「遼寧」を保有し、更に国産空母2隻の建造に着手しています。更にはカタパルト搭載の原子力空母の保有計画を持っているとされています。
また、これとは別にワスプ級強襲湯陸艦とほぼ同サイズの075型強襲揚陸艦を建造中と伝えられています。

海外領土を全く持たない中国が、空母を保有する必然性はないのですが、空母の保有を国家の威信と考えており、保有することで自らを強大国家として世界に認知させようとしています。中国と海洋権益を巡って立場が異なる我が国にとって、これは大きな脅威です。少なくても相手のご機嫌を損ねないのが一番などと言っている場合ではないと考えます。

Photo

ヘリコプター護衛艦「いずも」  (出典:防衛省)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月12日 (金)

サウジの弾道ミサイル迎撃失敗はPAC-2の可能性

昨日はイージスアショアについてハワイ発の記事が報道されるなど、相変わらず弾道ミサイル防衛に対しての関心が高まっていますが、弾道ミサイルと対峙しているのは日・米・韓だけではありません。

イエメン内戦で首都サヌアを含む北西部一帯を支配しているフーシ派は、イランからミサイルの供与などを受けてイランの宿敵サウジアラビアを弾道ミサイルで攻撃しています。これに対し、サウジアラビアはPAC-3で迎撃したとしていますが、これについて昨年12月6日付のニューズウィーク日本版がPAC-3の信頼性について疑問があるとして取り上げていました。

http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/12/pac3-1.php

この記事の内容については現在のPAC-3の能力から見て、腑に落ちない点が多かったので、当ブログでも12月10日の記事で取り上げました。

http://himajin.cocolog-enshu.com/club/2017/12/pac-3-d4f1.html

そして本日、この疑問に関する一つの答えとなる記事を11日付けの毎日新聞Web版が掲載しているのを見つけましたので紹介します。

http://mainichi.jp/articles/20180112/k00/00m/030/098000c

以下引用です。

~だが、サウジのBMD能力には疑問を投げかける専門家もいる。米ジェームズ・マーティン不拡散研究センターの核・ミサイル専門家、ジェフリー・ルイス博士らのチームは、昨年11月に首都リヤドの国際空港が攻撃を受けた際に「弾頭でなく胴体部分を迎撃した可能性が高い」と指摘した。弾頭が破壊されなければ地上で爆発し被害が大きくなる可能性がある。

     サウジは弾道ミサイル迎撃のため、米レイセオン製の「PAC2」と、より迎撃能力が高いとされ日本も導入済みの米ロッキードマーチン製「PAC3」の両方を調達済みだ。しかし専門家の多くは「PAC3はまだ実戦配備されていない」と見ている。 ~

PAC-2は湾岸戦争で使用されたPAC-1の改良型で、基本型と弾頭とミサイル本体とを識別できるようにしたPAC-2GEMとがあります。推測ですが、度重なる弾道ミサイル攻勢で、手持ちのPAC-2GEMが底をついてしまい、11月のケースでは止む無く基本型を使ったところ、弾頭の迎撃はできなかったということではないでしょうか。もし、そうであるならば、1発のミサイルに5発を発射した理由もうなずけます。

その後もロッキードマーチンからは何のコメントもありませんし、米軍も特にアクションを起こしていませんので、PAC-3の基本的性能に対し、信頼性が疑われる事態ではなかったことは間違いないようです。

Pac3

PAC-3の外観模型と発射機。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月11日 (木)

巡航ミサイル迎撃に活用の意向 地上配備型イージス視察で防衛相

小野寺防衛相は現地時間の10日、訪問先のハワイで、イージスアショアの試験設備を見学後に記者会見し、「北朝鮮に対する弾道ミサイル防衛に限らず、将来的に巡航ミサイルの迎撃への活用など機能を拡大したい」との考えを述べました。

これは対中国を想定し、イージスアショアで運用可能なSM-6を念頭に置いたものと思われますが、現実的ではないと考えます。まず、イージスアショアの設置位置は山口県と秋田県が予定されており、中国を睨んでの位置としては適当ではありません。

Sm

赤い点が萩と秋田のイージスアショアの設置候補地で、赤い円がSM-6の射程を表しています。見ての通り、南西諸島、東海地方や関東はカバーエリアから外れています。

またイージスアショアの発射機は現在24発を装填できるVLS1基が想定されていますが、主体は弾道ミサイル用のSM-3なので、SM-6の装填数は限られます。一般に巡航ミサイルは大量に発射することで、相手の迎撃能力を無効にする運用をしますので、イージスアショアでの対処は困難ではないかと考えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 7日 (日)

XASM-3について

本日は最近動向が途絶えていたXASM-3について毎日新聞がスクープ記事を掲載しましたので、その話題を取り上げたところ、いつもの倍以上のアクセスがありましたので、改めてXASM-3について取り上げます。まず最初にXASM-3とは正式に開発中のASM-3と言う意味で、Xは開発中であることを表す記号です。

我が国は対艦ミサイルとして海上自衛隊のP-1、P-3C哨戒機が装備するASM-1CとF-2戦闘機が装備するASM-2Bを保有しています。共にターボジェットエンジンを搭載し、ASM-1Cが150Km,ASM-2Bが170Kmの射程があるとされています。誘導方式はASM-1Cがアクティブレーダーホーミング方式、ASM-2Bが赤外線画像誘導方式をとっています。速度は共に1150km/hと亜音速となっています。

ASM-2が配備されたのは1993年で、この頃は対空ミサイルの射程や艦艇側のレーダーの能力が今ほど進んでいませんでしたので、これらの性能で十分と思われていましたが、現在では防空能力が向上していますので、新たなミサイルの導入が必要となって来た訳です。

XASM-3の仕様は公表されていませんが、誘導方式はアクティブレーダー方式とパッシブレーダー方式を両用し、速度はマッハ3とASM-2の3倍以上となっています。それぞれ違った誘導方式を持つことで、1機のF-2戦闘機が片方をアクティブモード、もう片方をパッシブモードで攻撃することが可能となります。これは大変いやらしいシステムで、攻撃される側がミサイルのレーダーを妨害しようと妨害電波を出せば、この電波をパッシブモードのXASM-3が受信して発信元目掛けて突入しますので、自分で自分の首を絞めることになってしまいます。

Asm_2

上図は対艦ミサイルと艦船との関係を表したものですが、地球が丸いために低空を接近するミサイルを発見できるのは一般的に30Km前後と言われています。この数字は艦船側のレーダーの高さと、ミサイルの飛行高度によって変わり、それぞれ高いほど発見できる距離は長くなります。

仮にミサイルの速度を1200km/hとすれば1分間に20Km進むことになりますので、直前で撃墜するとしても使える時間は1.5分です。実際は手前で迎撃しなければなりませんので、使える時間はもっと短くしなければなりません。

XASM-3は推進機構にロケットエンジンとラムジェットエンジンの複合方式を採用して、マッハ3の高速と長射程を両立させていますが、マッハ3では1分間におよそ60Km進みますので、対処時間は1.5÷3=0.5分となり、相手に極めて短時間での対処を迫ることになります。

このため、XASM-3を保有することは我が国の領土や艦船に攻撃を仕掛けようと接近する艦船に対して極めて強力な防衛力を持つことになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

XASM-3に関する情報がスクープ

昨年末から突如として防衛関係のビッグニュースが立て続けにスクープされていますが、今度はXASM-3です。XASM-3は防衛省が長年開発を進めている超音速対艦ミサイルで、本来は2016年度での開発完了予定とされていました。

ところが、退役した護衛艦を使っての実射試験が昨年夏にずれ込み、しかもその後来年度の予算要求でも全く触れられておらず、今回の超距離巡航ミサイル導入のニュースの陰に隠れた存在となっていました。本日の毎日新聞Web版が伝えるところでは、昨年末に開発資料の分析が完了し、2019年度から量産に入ると言うものです。

http://mainichi.jp/articles/20180107/ddm/002/010/102000c

Photo

XASM-3の概念図です。

Photo_2

F-2戦闘機に搭載したXASM-3 (出典:防衛省)

XASM-3は現在のASM-2が亜音速なのとは違い、マッハ3程度の超音速で飛行するため、相手が発見してから防禦手段を取るための対処時間が極めて短くなり、命中の機会が大幅に向上することが期待されています。しかも、もし最近報道されたEA-18Gのような電子戦機で相手のレーダー機能を無効化すれば、相手がこのミサイルを防ぐことはほぼ不可能となりますので、我が国の安全保障にとって大変大きな変化となります。

記事では量産化が来年度からではなく2019年度となっていますが、もし誤記ではないとしたら、通常は納入は2019年度末になってしまうので、できる限り早期の量産化が望まれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 1日 (月)

日経が電子戦機導入検討と報道

本日の日経Webが、政府が電子戦機の導入を検討していると伝えています。電子戦機とは相手の戦闘機や地上レーダーに対し、同じ周波数の電波を発信して機能を妨害したり、同じように無線通信を妨害する能力を持った航空機のことです。例えれば、暗闇で瞳孔を開いて相手を探している猫の目に明るい懐中電灯の光を向けて、眩しさで何も見えなくすると考えてもらえばお判り頂けますでしょうか。以前から同種の装備は各国で開発されており、米軍のEA-18Gが有名ですが、輸送機ベースの中国のY-8Gやロシアの戦闘機ベースのSu-24Mpが知られています。

P4240037r

三沢基地で訓練中の米軍のEA-18Gグラウラーです。グラウラーは主翼と胴体下に電子戦のためのポッドを搭載していますが、戦闘機ベースのため各種ミサイルの搭載も可能です。

我が国はこれまで、訓練のための電子戦支援機は保有していましたが、相手に対して電子戦を行える電子戦機は保有しておらず、相手が電子戦を仕掛けて攻撃して来た場合、かなり不利な状況に陥ることになりましたが、相手の攻撃を困難にする能力を持つことで、我が国に対する攻撃のハードルを上げることになります。

一方で、相手の地上レーダーを無効にすることもできますので、攻撃力につながりかねないとの見方もありますが、既に中国や北朝鮮は我が国を射程に捉える弾道ミサイルや巡航ミサイルを大量に保有しており、我が国を一方的に攻撃できる状況にありますので、防衛力に資する装備の導入をためらうべきではないと考えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧