2017年11月 2日 (木)

ニャンコが排尿障害

我が家のニャンコ(メス、8歳)が、昨夜から尿の出が悪くなってしまいました。猫は元々水分の摂取が少ないので、我が家の場合は一日一回か二回の排尿ですが、昨夜からトイレには入るものの、今までのような量が排せつできません。様子見をしていましたが、症状が改善しないので獣医を受診することにしました。

P7030008r17

診察の結果、膀胱に尿は溜まっていないとのことで、膀胱炎が疑われるとのことで、抗生物質を何回か点滴して様子見をすることになりました。

人間もニャンコも健康が一番です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月13日 (日)

ニャンコに結石が

我が家のニャンコは推定3歳と6ヶ月(生後約1ヶ月のところを拾われたので)ですが、尿路結石と診断されてしまいました。猫は犬に比べて水分の摂取が少ないため、どうしても尿が濃くなって結石を生じ易いということのようですが、個体差によるところも大きいようです。何にしても食事療法で、結石を生じ易い餌を避けることが必要です。いままで与えていた魚介系はタブーということです。ニャンコにしてみれば、訳も判らず、好きな餌がもらえなくなったと戸惑っているかもしれませんが、健康第一なので我慢をしてもらうしかありませんね。

P6180418

とうとう病持ちになってしまい困ったニャン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月20日 (月)

猫はこたつで

我が家の暖房はガスファンヒーターをメインに、エアコンと石油ストーブを補助に使っています。私の知識では0℃に近い外気温ではエアコンは消費電力が多く、不経済というものでしたが、今年は寒さが厳しいので朝起きると全ての暖房器具を総動員して室温を20℃に上げています。

P2191351

ニャンコも今までは暖房器具にすり寄ることはなかったのですが、最近はストーブの前で暖を取る姿を見かけるようになりました。歌にも猫はこたつで・・・とありましたが、やはり暖かい所が大好きなようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月20日 (金)

我が家の絆

17日は阪神淡路大地震から17年、昨年の東日本大震災と重ね合わせた慰霊や記念行事が各地で行われました。17年を経ても未だ心に大きな傷を負った人が多いことに心が痛みましたが、それでもなお東北で被災した人たちを気遣うやさしさに心温まる思いがしました。現在、震災で発生した大量のガレキの受け入れを各地の自治体に依頼していますが、放射能汚染に対する無理解から多くの自治体で住民から反対の声が上がっています。つまり、良く言われる総論賛成、各論反対を地で行く話ですが、あまりの身勝手に呆れてしまいます。

ガレキの大半は自然界と変わらない放射能レベルで、全て事前にチェックを受けて搬送されるものですから埋め立てや焼却しても何ら問題ないのに、自分可愛さで他人への思いやりを忘れてしまうばかりか、それを声高に叫ぶのですから何をか、いわんやです。苦しい時こそ他人への思いやりを忘れない事が何より大切ではないでしょうか。

P1191239

ソファーをシェアして眠るワンコとニャンコ。時には取っ組み合いを繰り広げますが、固い絆で結ばれています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月18日 (金)

いざ鎌倉と言う時に

先日、氷点下に気温が下がった北海道で、河川敷に転落した乗用車に閉じ込められた高齢者と幼い孫が同乗していた飼い犬の体温で無事一夜を明かし、救助されるという事故がありました。乗用車は窓ガラスが割れて外気にさらされた状態でしたので、十分な防寒具が無い状態では生存が危ぶまれる状況でした。飼い犬は賢くて忠実なことで知られるラブラドールでしたが、飼い主の危機をけなげに救ってくれました。

翻って我が家のワンコ、柴犬と洋犬(ボーダーコリーか?)のミックスで長毛なので暖かそうですが、いざという時に果たして身を守ってくれるでしょうか?

Pb131032

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月16日 (日)

ああ、眠い

猛暑もいつの間にか収まって、過ごしやすい日々が続いています。我が家は誰かしら在宅していることが多く、比較的閉め切ってしまう時間は短いのですがペットもここのところは快適な温度に満足しているようです。

Pa150802

ワンコはフローリングの冷たさでウットリ状態です。

Pa150807

ニャンコは夏の間はこの上の板の部分で伸びて寝ていることが多かったのですが、最近はカゴの中で丸くなって寝ることが増えて来ました。動物も過ごしやすい季節を大歓迎しているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月11日 (火)

ワンコ近影

サマーカットで地肌がそのまま見えるほど短く刈られてしまい、ワンコ共々ちょっとショックを受けていましたが、どうやら元の毛の長さに戻りつつあります。後脚や尾の部分などまだ伸びきっていない所もありますが、9割がたは元の姿となりました。

Pa090789

今回の件で、体毛はケガの防止や害虫からの防御に大切な役目をしていることが良く分かりました。後悔先に立たずですが、反省しきりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月30日 (土)

ワンコの近況

月曜の夜に二日ぶりに我が家に戻ったワンコですが、迷子になっていた間、日中もアスファルトの上を歩き続けたようで肉丘が火傷を負い、皮の破れた箇所がありました。当初は歩く度に痛みがあったようで、ぎこちない歩きしかできませんでしたが、順調に回復して来ているようです。

P7290499

昨日撮影した足裏の様子です。順調に回復しています。

P7290500

家に戻ってからもしばらくは落ち着かない様子でしたが、今では以前のように安心して眠るようになりました。全快までもう少しのところまで来たようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月26日 (火)

ワンコが生還

迷子になっていた我が家のワンコが、昨夜丸2日ぶりに無事生還しました。我が家のワンコは雷鳴や群衆の歓声、拡声器の音声などが苦手で、これらに遭遇するとその場から逃避しようと必死になります。

先週の土曜日、周辺の町内では夏祭りが催され、打ち上げ花火が多数打ち上げられました。これまでも花火の破裂音に対しては怯えた表情を浮かべることがありましたが、今回はいつも以上で、食事も喉を通らず従来にも増して花火を怖がっていました。
一緒に飼っているニャンコは花火など全く意に介さず、外での散歩をせがむのでドアを開けて外に出たところワンコも続いて外に出て来ました。、これまで敷地からは決して外に出ないので安心していた所、いつの間にか忽然と姿を消してしまいました。

ワンコがいないのに気が付いて、あわてて周辺を捜したのですが後の祭りで、何処にも姿は見当たりません。仕方がないので官公庁のネットワークにすがろうとしましたが、運悪く週末だったため、思うような情報は得られませんでした。
週が明け他た月曜日、一般からの情報提供に期待していたのですが、期待に反して何の手がかりも得られませんでした。夜を迎えて焦りの色が濃くなった頃、突然憔悴しきった姿でひょっこりとワンコが帰ってきました。足裏は炎天下のアスファルトを歩き続けたためか、軽い火傷を負っていましたが、目立った外傷はありませんでした。

これまで、我が家の敷地から出ることは全くなかったことからワンコの行動パターンについては掌握しているつもりでしたが、極度の恐怖に包まれた時は、思わず本能のままに行動してしまう事がわかりました。ペットと言えども油断は禁物、時には野生に帰ってしまうこともあることを肝に銘ずべしと思った次第です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月25日 (土)

ちょっとォ~

昨日は全国的に気温が高く、埼玉県熊谷市では6月の最高気温を更新する39.8℃を記録しました。今年は節電で人間様も大変ですが、常に毛皮のコートをまとっているワンコはさぞ暑かろうとカミさんが、獣医さんにサマーカットを依頼しました。一日預けて迎えに行くと・・・・。

!!(゚ロ゚屮)屮   →   (゚ー゚;     →   ┐(´-`)┌

P6250434

いくらなんでもこれはないんじゃないの。茫然自失のワンコです。

P6120378

ありし日の雄姿。

| | コメント (4) | トラックバック (0)