2019年4月11日 (木)

墜落したF-35Aは緊急脱出できなかった模様

青森県の東方海上で消息を絶った、航空自衛隊のF-35A戦闘機は、海上から左右の垂直尾翼の一部が回収されたことから墜落したことが確定しました。パイロットの3等空佐の捜索は懸命に続けられていますが、依然消息は掴めていません。また戦闘機などが墜落などの緊急事態が発生した場合、パイロットは座席ごと機外に脱出するベイルアウトを行います。ベイルアウトが行われた場合、パイロットの位置を救難側に伝えるため、自動で救難信号が発信されますが、これまで救難信号は受信されていないことからベイルアウトは行われなかったと見られています。

Fa

F-35A戦闘機のイメージ図です。

事故機は僚機3機の隊長機として訓練を指揮していましたが、直前に訓練中止を意味する「ノック・イット・オフ」の通信があり、その後レーダーから機影が消えています。この時の高度は現時点では明らかにされていません。仮にエンジンの故障や機体の不調があった場合、パイロットはためらうことなくベイルアウトを選択した筈です。一部では「ノック・イット・オフ」が発せられていることから、機体の上下の位置関係が把握できなくなるバーティゴ(空間識失調)ではないと見る向きもありますが、状況からいきなり空中分解したとは考えられませんので、機体の傾きが把握できないまま回復不能な高度に至ってしまい、海面に突っ込んでしまった可能性は否定できないのではないかと思います。

事故海域は水深1500mほどあるため、機体の回収は困難が予想されますが、事故原因の究明や機密保持の観点から早期に回収されることを希望します。

| | コメント (0)

2019年4月 6日 (土)

猫は自分の名前に反応

犬は名前を呼ぶと飼い主の所にやって来ます。では猫はと言えば、あまりそのような動きは見せません。むしろ、何でもないときにやって来て膝に乗ったり、体をこすりつけたりしています。果たして猫は自分の名前を判っているのでしょうか?そんな疑問について上智大学の研究チームが67匹の猫を使って調べたところ、44匹に大きな反応が見られたと言うことで、自分の名前と認識しているかは別にして、自分が呼ばれたことに反応することが明らかにされました。この成果について、4日付の英科学雑誌「サイエンスティフィリクリポーツ」に発表されました。

Photo_62

我が家のニャンコの子猫時代です。名前を呼べば鳴いて反応したのですが、名前に反応したのか、呼ばれたことに反応したのかまでは判りませんでした。我が家ではニャンコとワンコが同居しており、どちらかの名前を呼ぶと、おやつをもらえるかもと両方が反応していましたが、今回の研究から、ニャンコも自分が呼ばれたであろうことを何となく認識したのだと思うことにしました。

180826

昨年の夏、突然元気がなくなり、三日ほど何も食べなくなった後に上手く歩行ができなくなり、自分でトイレに行かなくなってしまいました。しばらくすると、トイレに行きたくなると鳴いて知らせるようになったので、都度トイレに運んでいました。最近になって再び自分でトイレに入るようになりましたが、時折鳴いて運ぶことをせがむこともあります。猫のコミュニケーション能力は案外高いのかも知れません。

| | コメント (0)

2018年11月20日 (火)

びっくり仰天、ゴーン会長が逮捕

晴天の霹靂とはこういうことを言うのでしょうか?昨夜日産のカルロス・ゴーン会長が逮捕されました。容疑は金融商取法違反と聞きなれない罪状ですが、要は報酬をごまかして過少申告した内容を有価証券報告書に記載したと言うことのようです。

夕方テレビを付けたら、「カルロス・ゴーン会長逮捕へ」のテロップが流れて、びっくりしました。どうやら過去5年間に報酬を50億円過少申告していたとのことです。元々の報酬が年間およそ10億円と言われていましたので、その倍の報酬を受け取りながら、それを隠蔽していたと言うことで犯情はかなり悪質です。

しかし、中小企業の経営者ならともかく、大企業のトップが自分の報酬を隠すことなど思いも寄りません。役員報酬については株主総会に諮ることになっていますので、総額については公表されています。もし公表された以上の金額を支払うのならそれなりの名目が必要になりますが、社内手続きをどのようにしたのかが気になります。

今朝になってから、海外の4カ所にある自宅の費用を支払わせる手口だったと言うことですが、それらは当初の報酬に含まれるべき話です。今回の逮捕劇は、日産側からの告発に基づいて行われたようですが、果たしてどのような闇が潜んでいるのか、今後の推移が注目されます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年2月25日 (日)

ニャンコが体調不良

我が家のニャンコが、2週間ほど前から食欲不振と嘔吐を頻発して元気がなくなってしまいました。しばらく様子を見ていたのですが、ある程度食欲は回復したものの嘔吐が治まらないので、獣医で診てもらうことにしました。

診察結果は胃腸風邪と言うことで点滴と注射の治療を受け、合計2回の治療でなんとか嘔吐は治まりましたが、食欲が中々戻りませんでした。嘔吐の件があるので、無理に食べさせることは避け、自然に回復するのを待っていましたが、今度はくしゃみを連発するようになってしまいました。

これが人間なら鼻をかんだり、点鼻薬でも使うところですが、そうもいきません。こちらも症状が治まるのをひたすら待つしかありませんでした。

Photo

具合が悪いので横になっている時間が増えてしまいました。

一昨日あたりから食欲が回復、くしゃみも治まって来て一安心です。今年は私も悪性の風邪に苦しみましたが、ニャンコが風邪をひくことを初めて知りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 2日 (木)

ニャンコが排尿障害

我が家のニャンコ(メス、8歳)が、昨夜から尿の出が悪くなってしまいました。猫は元々水分の摂取が少ないので、我が家の場合は一日一回か二回の排尿ですが、昨夜からトイレには入るものの、今までのような量が排せつできません。様子見をしていましたが、症状が改善しないので獣医を受診することにしました。

P7030008r17

診察の結果、膀胱に尿は溜まっていないとのことで、膀胱炎が疑われるとのことで、抗生物質を何回か点滴して様子見をすることになりました。

人間もニャンコも健康が一番です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月13日 (日)

ニャンコに結石が

我が家のニャンコは推定3歳と6ヶ月(生後約1ヶ月のところを拾われたので)ですが、尿路結石と診断されてしまいました。猫は犬に比べて水分の摂取が少ないため、どうしても尿が濃くなって結石を生じ易いということのようですが、個体差によるところも大きいようです。何にしても食事療法で、結石を生じ易い餌を避けることが必要です。いままで与えていた魚介系はタブーということです。ニャンコにしてみれば、訳も判らず、好きな餌がもらえなくなったと戸惑っているかもしれませんが、健康第一なので我慢をしてもらうしかありませんね。

P6180418

とうとう病持ちになってしまい困ったニャン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月20日 (月)

猫はこたつで

我が家の暖房はガスファンヒーターをメインに、エアコンと石油ストーブを補助に使っています。私の知識では0℃に近い外気温ではエアコンは消費電力が多く、不経済というものでしたが、今年は寒さが厳しいので朝起きると全ての暖房器具を総動員して室温を20℃に上げています。

P2191351

ニャンコも今までは暖房器具にすり寄ることはなかったのですが、最近はストーブの前で暖を取る姿を見かけるようになりました。歌にも猫はこたつで・・・とありましたが、やはり暖かい所が大好きなようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月20日 (金)

我が家の絆

17日は阪神淡路大地震から17年、昨年の東日本大震災と重ね合わせた慰霊や記念行事が各地で行われました。17年を経ても未だ心に大きな傷を負った人が多いことに心が痛みましたが、それでもなお東北で被災した人たちを気遣うやさしさに心温まる思いがしました。現在、震災で発生した大量のガレキの受け入れを各地の自治体に依頼していますが、放射能汚染に対する無理解から多くの自治体で住民から反対の声が上がっています。つまり、良く言われる総論賛成、各論反対を地で行く話ですが、あまりの身勝手に呆れてしまいます。

ガレキの大半は自然界と変わらない放射能レベルで、全て事前にチェックを受けて搬送されるものですから埋め立てや焼却しても何ら問題ないのに、自分可愛さで他人への思いやりを忘れてしまうばかりか、それを声高に叫ぶのですから何をか、いわんやです。苦しい時こそ他人への思いやりを忘れない事が何より大切ではないでしょうか。

P1191239

ソファーをシェアして眠るワンコとニャンコ。時には取っ組み合いを繰り広げますが、固い絆で結ばれています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月18日 (金)

いざ鎌倉と言う時に

先日、氷点下に気温が下がった北海道で、河川敷に転落した乗用車に閉じ込められた高齢者と幼い孫が同乗していた飼い犬の体温で無事一夜を明かし、救助されるという事故がありました。乗用車は窓ガラスが割れて外気にさらされた状態でしたので、十分な防寒具が無い状態では生存が危ぶまれる状況でした。飼い犬は賢くて忠実なことで知られるラブラドールでしたが、飼い主の危機をけなげに救ってくれました。

翻って我が家のワンコ、柴犬と洋犬(ボーダーコリーか?)のミックスで長毛なので暖かそうですが、いざという時に果たして身を守ってくれるでしょうか?

Pb131032

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月16日 (日)

ああ、眠い

猛暑もいつの間にか収まって、過ごしやすい日々が続いています。我が家は誰かしら在宅していることが多く、比較的閉め切ってしまう時間は短いのですがペットもここのところは快適な温度に満足しているようです。

Pa150802

ワンコはフローリングの冷たさでウットリ状態です。

Pa150807

ニャンコは夏の間はこの上の板の部分で伸びて寝ていることが多かったのですが、最近はカゴの中で丸くなって寝ることが増えて来ました。動物も過ごしやすい季節を大歓迎しているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)