2019年6月12日 (水)

50年振りに50MHzにカムバック

またまた無線の話です。私がアマチュア無線局を開局したのは高校2年生だった16歳の時でした。当時は50MHzの各種のトランシーバーが手軽な価格で発売されていて、多くのビギナーが50MHzで開局しており、私もその中の一人でした。50MHzはアンテナサイズが小さくて済み、そんなに費用をかけずに開局できたことや、電波状態が安定しているので落ち着いて周辺の局と交信できたこと、Eスポと呼ばれる電離層の変化があった時は、小さい出力でも遠距離の局と交信できることが人気の秘密でした。

Dsc_0050

私が当時使っていたのと同型の無線機です。

開局当時は、周囲が同じような年頃の連中ばかりでしたので、たちまち意気投合して、夜な夜な同じメンバーで長時間交信していました。しかし、高校卒業を迎えて、それぞれ別の進路を進むことになり、いつしか無線の世界から足が遠のいてしまいました。そして今日、実に50年振りに50MHzを送信できるちゃんとしたアンテナを建てることができ、さっそく受信してみると九州の局がキャッチできました。九州の南端、鹿児島県の指宿の局でした。

Photo_74

こちらから呼びかけると、どうやら届いたようで応答がありました。これまでの伊万里市よりも25Km遠方の局となります。50年振りに50MHzにカムバックして、いきなり九州南端の局と交信できたのは幸運と言うほかはありません。

| | コメント (0)

2019年5月17日 (金)

京都2019 洋風建造物編

京都と言えば寺社を初めとして歴史的な建造物に事欠きませんが、日本的な風景の中に西洋風な建造物がありましたので、今回はそれを取り上げます。

P5120001r19

地下鉄の蹴上(けあげ)駅から南禅寺に向かう途中にある小さなトンネルの「ねじりまんぽ」です。まんぽとはトンネルの意味のようです。

P5120009r19_1

テレビドラマによく登場する南禅寺水路閣です。ちょうど修学旅行の一団と遭遇してしまったので、下部まで写せませんでした。

P5120069r19

宿に向かって三条通りを歩いていると、立派な建物があり、思わず足を止めてしまいました。現在も使われている中京(なかぎょう)郵便局です。

P5130087r19 

翌朝、東側から。

P5130085r19

京都文化博物館。化粧直しを終えたばかりなのか、レンガの赤さが鮮やかでした。

P5130082r19

同じく三条通りにあった石造りの建物。由来の表示を探しましたが、見つからず、どのような目的で建てられたのかは判らず仕舞いです。

P5130090r19

烏丸通りと三条通との交差点脇にあるみずほ銀行の京都中央支店です。今回は三条通り周辺で見かけたものばかりですが、まだまだたくさんある筈なので、出掛けた際には探してみるのも面白いかも知れません。

| | コメント (0)

2019年5月14日 (火)

京都2019 新緑編

12、13日で京都に行って来ましたので、その時の様子を写真で紹介したいと思います。最近は行く所が何となく決まってしまっていますが、季節が変わると新たな発見もあるようです。

P5120002r19

まずは南禅寺の三門です。紅葉の頃が絵になるのですが、新緑の頃も良いものです。観光客がひっきりなしに行き来しているのですが、ふっと人波が途絶えた一瞬です。

P5120004r19

三門脇から国宝の方丈を望んで。東山の新緑がきれいでした。

P5120005r19

こちらも南禅寺。法堂脇のカエデに赤いプロペラのような種が育っていました。

P5120022r19

白川沿いの木陰に、ひっそりとカモが羽を休めていました。

P5130101r19

こちらは東福寺です。こちらも新緑のモミジに赤い種が付いていました。東福寺も何回も行っていますが、今回初めてJR奈良線を利用してみました。地下鉄は通勤時間帯はかなり混みますが、奈良方面行きはそんなに混雑しませんでしたので利用価値大のようです。

| | コメント (0)

2019年5月12日 (日)

京都に来ています

今日は、以前勤めていた会社のOB 会があったので、京都に来ています。京都は一年振りですが、新しい店ができた反面、これまであった店がなくなっていたりと、世の中が絶えず動いているのは京都も例外ではないようです。いつも利用していたショッピングセンターの有料駐車場に駐車しようと行ってみたら、なんと建て替えの為に取り壊し中で、利用できませんでした。あわてて近くの駐車場を探して、事なきを得ましたが、油断大敵でした。

また、連休明けなので、少しは人出も少なくなっているかと期待していましたが、流石は京都だけあって、いつもと変わらない賑わいでした。

Img_20190512_145617

南禅寺と言えば三門と水路閣が人気ですが、どちらも大勢の観光客で賑わっていました。

P5120040r19

こちらは八坂の塔の近く。ご覧のような混雑でしたので、清水寺まで足を延ばすつもりでしたが、止めて引き返しました。

今日は予想最高気温が30℃と、真夏日になることが心配されましたが、幸いそこまでの温度にはならなかったようで、いつものお決まりのコースをのんびり楽しむことができました。

| | コメント (0)

2019年5月 8日 (水)

北海道で自然の一端を見た

GWに仕事先の旅行で北海道に行って来ました。登別温泉に一泊し、朝食までに時間があったので、早朝散歩に出掛けました。地獄谷を経て大湯沼の噴気に魅せられて写真を撮っていると、山の上に何やら動く気配が・・・。

Photo_69

丸印の部分を拡大すると、

Photo_70

どうやら野生の鹿のようです。ここは北海道なのでエゾシカということになります。鹿までの距離は200mほどです。折角の機会なので野鳥を撮るつもりで持って来た望遠ズームに交換して撮影です。

P4300095r19

エゾシカたちも朝食の真っ最中のようです。

P4300097r19

右側がグループのリーダーのようで、終始一番右側の位置に立って私の方を見つめていました。それにしても、温泉街からいくらも離れていない場所に鹿が出没するとは、流石は北海道と感心です。

で、当初の目的の野鳥の撮影ですが、思いの外散策の観光客が多く、中奈々お目にかかれませんでした。

P4300099r19

キツツキの仲間のコゲラです。撮影の絶好のチャンスと思っていたら、反対側からジョギングの女性が現れて、慌てて飛び去ってしまいました。う~ん、残念。

 

| | コメント (0)

2019年5月 1日 (水)

出発便が遅延

今日は旅行の最終日。予定より早く空港に到着して搭乗手続きをしていたら、折り返し便が遅れるので、出発が遅くなるとのアナウンスが・・・。

ただでさえ帰宅時間が遅くなる予定だったのが、更に遅れることになってしまいました。空港からの接続が微妙になりそうですが、なるようにしかならないので仕方ありません。じっと出発を待つのみです。

| | コメント (0)

2019年4月30日 (火)

平成最後の日は北の大地に

今日で平成も最後ですが、昨日から北海道に来ており、昨夜は登別温泉に宿泊しました。昨日は気温が20℃を超えて汗ばむほどでしたが、今朝は冷え込んで、午前5時の外気温は5℃と真冬並でした。

Img_20190430_080033 

朝の大湯沼です。

Img_20190430_075940

こちらは地獄谷です。

テレビでは、今日が平成最後の日と言うことで、番組毎にそのことに触れています。天皇の退位と言う近年なかった出来事が静かに進行しており、私達も歴史の証人として立ち会う訳ですが、果たしてどんな一日になるのでしょうか。

| | コメント (0)

2018年5月23日 (水)

京都編その4 金地院

今回は京都編の最終回です。先日も書いたように、南禅寺には四季折々に何度も訪れていますが、地下鉄蹴上駅から南禅寺に向かう途中に金地院(こんぢいん)があります。これまで気になりながら素通りしていましたが、今回思い切って拝観させて頂きました。

金地院は南禅寺の塔領の一つですが、家康の遺言で造営された三つの東照宮の一つがあり、家康つながりで浜松とまんざら縁がない場所ではなかったことが判りました。

P5200089r18

明智光秀が母のために建てた唐門で明智門と呼ばれています。元は大徳寺にあったものですが、明治時代に移築されたものです。

P5200091r18

庭園内から見た東照宮門です。見ての通り、緑が深い庭園です。

P5200113r18

南禅寺に通じる道路から見た東照宮門です。金地院には別途山門があるのですが、こちらの東照宮門の方がはるかに立派です。

P5200092r18

小堀遠州作と伝わる東照宮拝殿です。日光東照宮や久能山東照宮と比べると質素な作りです。

P5200093r18

拝殿の天井に描かれた狩野探幽作の「鳴龍」です。残念ながら拝観の位置からは全景を見ることはできませんでした。

P5200095r18

開山堂の天井。中央部のあしらいや、天井板が市松模様になるなど、かなり豪華な作りとなっています。

P5200098r18

小堀遠州作の枯山水形式の「亀鶴の庭」です。全国に小堀遠州作と伝わる庭園がたくさんありますが、こちらが唯一、小堀遠州が手掛けたことが明らかになっている庭園です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月21日 (月)

京都編その2 鴨川から祇園まで

宿が錦市場の近くだったので地下鉄に向かう途中に立ち寄ってみました。

P5200056r18

京の台所と呼ばれる所だけあって、朝早くから店を開けているところがありました。ちょっと心が動かされましたが、先を急ぐのでグッと我慢。錦通りを抜けるとなんと入り口に伊藤若冲の作品がタペストリー風に飾られています。若冲の生家跡のと言うことです。

京都市役所前で地下鉄を下車。人通りの少ないうちに撮影しようと思っていたら、残念工事中で断念。鴨川に向かいました。

P5200059r18

気持ちの良い青空が広がって河原を多くの人が散歩やジョギングを楽しんでいました。納涼床を楽しむのに良い季節です。

P5200065r18

左岸に渡って私も河原沿いの遊歩道を歩いていると餌を漁っているコサギがいました。レンズを交換している時間がなかったので、短いレンズのまま撮影しましたが、人馴れしているのか、結構近寄ることができました。

P5200066r18

良く見ると、水中の足で石を動かして獲物を追い立てていました。水がきれいだからこそ見られる姿です。

P5200068r18

鴨川と言えば多くの橋がかかっていますが、やはり見てみたいのは三条大橋です。

P5200069r18

更に下って行くと、今度はマガモがいました。こちらも逃げずに撮影に付き合ってくれました。

P5200072r18

更に下ると白川の合流点に出ますが、その手前を左に入った新門前通沿いの町屋の風景です。ここもゆっくりと写真を撮ることができました。本当に早起きは三文の徳ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月19日 (土)

京都ナウ

今日は所用があったので、2年振りに京都に来ています。予定の時刻まで時間があったので、マイカーを駐車場において、かつての職場周辺を散策しましたが、退職して9年になるのでかなり変貌を遂げていました。光陰矢の如しとはこのことです。

いつもは車中泊専門ですが、今回は奮発して宿を取りましたので、今夜は寝袋ではなくふっくらした布団で休めます。

15267306379381

見学時間の終わった二条城の大手門。いつもは大勢の観光客が出入りしてこんな写真は撮れませんが、ゆっくり写真を撮ることができました。

P5190046r18

こちらはカメラで撮影したものです。上のスマホで撮ったものと随分雰囲気が違いますが同時刻です。

Photo_2

思った以上に明るく映っていて驚きましたが、夕方の二条城は昼間と違って落ち着いた佇まいを見せてくれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧