2018年5月23日 (水)

京都編その4 金地院

今回は京都編の最終回です。先日も書いたように、南禅寺には四季折々に何度も訪れていますが、地下鉄蹴上駅から南禅寺に向かう途中に金地院(こんぢいん)があります。これまで気になりながら素通りしていましたが、今回思い切って拝観させて頂きました。

金地院は南禅寺の塔領の一つですが、家康の遺言で造営された三つの東照宮の一つがあり、家康つながりで浜松とまんざら縁がない場所ではなかったことが判りました。

P5200089r18

明智光秀が母のために建てた唐門で明智門と呼ばれています。元は大徳寺にあったものですが、明治時代に移築されたものです。

P5200091r18

庭園内から見た東照宮門です。見ての通り、緑が深い庭園です。

P5200113r18

南禅寺に通じる道路から見た東照宮門です。金地院には別途山門があるのですが、こちらの東照宮門の方がはるかに立派です。

P5200092r18

小堀遠州作と伝わる東照宮拝殿です。日光東照宮や久能山東照宮と比べると質素な作りです。

P5200093r18

拝殿の天井に描かれた狩野探幽作の「鳴龍」です。残念ながら拝観の位置からは全景を見ることはできませんでした。

P5200095r18

開山堂の天井。中央部のあしらいや、天井板が市松模様になるなど、かなり豪華な作りとなっています。

P5200098r18

小堀遠州作の枯山水形式の「亀鶴の庭」です。全国に小堀遠州作と伝わる庭園がたくさんありますが、こちらが唯一、小堀遠州が手掛けたことが明らかになっている庭園です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月21日 (月)

京都編その2 鴨川から祇園まで

宿が錦市場の近くだったので地下鉄に向かう途中に立ち寄ってみました。

P5200056r18

京の台所と呼ばれる所だけあって、朝早くから店を開けているところがありました。ちょっと心が動かされましたが、先を急ぐのでグッと我慢。錦通りを抜けるとなんと入り口に伊藤若冲の作品がタペストリー風に飾られています。若冲の生家跡のと言うことです。

京都市役所前で地下鉄を下車。人通りの少ないうちに撮影しようと思っていたら、残念工事中で断念。鴨川に向かいました。

P5200059r18

気持ちの良い青空が広がって河原を多くの人が散歩やジョギングを楽しんでいました。納涼床を楽しむのに良い季節です。

P5200065r18

左岸に渡って私も河原沿いの遊歩道を歩いていると餌を漁っているコサギがいました。レンズを交換している時間がなかったので、短いレンズのまま撮影しましたが、人馴れしているのか、結構近寄ることができました。

P5200066r18

良く見ると、水中の足で石を動かして獲物を追い立てていました。水がきれいだからこそ見られる姿です。

P5200068r18

鴨川と言えば多くの橋がかかっていますが、やはり見てみたいのは三条大橋です。

P5200069r18

更に下って行くと、今度はマガモがいました。こちらも逃げずに撮影に付き合ってくれました。

P5200072r18

更に下ると白川の合流点に出ますが、その手前を左に入った新門前通沿いの町屋の風景です。ここもゆっくりと写真を撮ることができました。本当に早起きは三文の徳ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月19日 (土)

京都ナウ

今日は所用があったので、2年振りに京都に来ています。予定の時刻まで時間があったので、マイカーを駐車場において、かつての職場周辺を散策しましたが、退職して9年になるのでかなり変貌を遂げていました。光陰矢の如しとはこのことです。

いつもは車中泊専門ですが、今回は奮発して宿を取りましたので、今夜は寝袋ではなくふっくらした布団で休めます。

15267306379381

見学時間の終わった二条城の大手門。いつもは大勢の観光客が出入りしてこんな写真は撮れませんが、ゆっくり写真を撮ることができました。

P5190046r18

こちらはカメラで撮影したものです。上のスマホで撮ったものと随分雰囲気が違いますが同時刻です。

Photo_2

思った以上に明るく映っていて驚きましたが、夕方の二条城は昼間と違って落ち着いた佇まいを見せてくれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 4日 (金)

四国の南端、足摺岬まで

昨日は高知を出発して、仁淀川、四万十川の中流域で沈下橋や、両脇の新緑を楽しみながら、四国南端の土佐清水市までやって来ました。足摺岬では、幸運にも岸部近くにやって来た海亀を見ることができました。

P5030125r18

仁淀川の沈下橋です。

P5030134r18

土佐の銘酒、司牡丹の蔵元の風景です。

P5030141r18

四国の南端、足摺岬灯台です。

今日は四国の西側を北上します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 3日 (木)

高知城に登城

昨日は雨の中を出発しましたが、予報は終日雨と言う最悪の天気です。途中、安芸市で武家屋敷を見て、午前9時過ぎに高知に到着しました。幸い、そんなに強い降りではなかったのですが、傘を片手の撮影は少々辛いものがあります。

P5020087r18

高知城天守です。山内一豊の前任地、掛川城が木造復元される際にモデルとなりました。
今回、初めてボランティアの観光ガイドをお願いしましたが、歴史や見所など、知らないを多数教えてもらい、大変助かりました。高知城には3時間ほど滞在しましたが、昼になったので雨宿りを兼ねて昼食、そこから宿を探したら運良く空室が見つかったので、本降りとなった雨の中を宿に逃げ込んで、なんとか凌ぐことができました。
P5020117r18

ライトアップされた高知城です。
P5030121r18
今朝撮った高知城です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 2日 (水)

鳴門市からスタート

昨日は四国巡礼一番札所、霊山寺に今回の旅の安全祈願をして、スタートしました。目的地は大塚国際美術館です。ここは世界の名画が1000点以上を陶板にして、展示している世界的にも珍しい美術館です。但し、これだけの作品を1日で全て見て回ると頭が混乱してしまいますが、3時間ほどで駆け足で見学、室戸岬経由で高知を目指して半日ドライブでした。

P5010063r18

古い家並が残る吉良町の民家です。

P5020067r18

安芸市に残る武家屋敷です。

P_20180502_055402_2
昨夜は手前の道の駅で一泊、天気が気掛かりですが、今日はいよいよ高知です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月16日 (日)

農水省が豆腐の安売り是正の方針

豆腐は私たちの食生活に欠かせない食品の一つですが、スーパーの目玉商品として取り扱われたりしてビックリする値段で売られていたりします。農水省はこうした販売の裏側に、不公正な商取引が行なわれているとして、是正に乗り出すと言うことです。

豆腐の原料は大豆ですが、大豆は結構高価な農産物です。にもかかわらず、かなりの低価格で売られているのは、豆乳を凝固させる凝固剤の発達で、かなり薄い豆乳でも豆腐として製造できるようになったからです。こうした豆腐には豆乳成分は少ないので、濃い豆乳の豆腐と比べると味が違うのが明確に解ります。

つまり安い豆腐には理由があるのですが、消費者がそうした豆腐を求める以上、商品として成り立つ訳で、それはそれで仕方ありません。我が家の味噌汁の具に使われる豆腐も、この類の豆腐ですが、私は豆腐とは別の食品だと割り切っています。

今回の農水省の動きは、販売者が立場を悪用して生産者を圧迫することを是正するものですが、この際なのでアイスクリームなどのように大豆の含有量を規制することも検討して欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 4日 (日)

高梨沙羅がW杯今季開幕戦で圧勝

いやあ、もう別格としか言いようがありません。女子スキージャンプ・ワールドカップ開幕戦で、高梨沙羅が優勝し45勝目を上げて優勝記録を更新しました。一昨年は距離が伸びずに低迷し、個人総合優勝を逃しましたが、昨年は復活して17戦中14勝し、優勝回数を44勝に伸ばしていました。

高梨は身長152cmと小柄なため、ルール上スキー板が短く規制されて飛距離で不利な立場ですが、それを技術でカバーして大柄な外国人選手を上回る飛距離を出しているのですからあっぱれと言う他はありません。スポーツ選手の場合、成長に伴って骨格と筋肉のバランスが崩れ、フォームが崩れることがありますので二十歳になって今季の成績が心配でしたが、2本とも距離を揃えて初戦で見事優勝しました。

ワールドカップ優勝回数の2位は米国のサラ・ヘンドリクセンの13回、男子ではフィンランドのあのマッチ・ニッカネンが46回ですから、いかに高梨が突出して強いのかが判ります。男子の優勝回数1位はオーストリアのグレゴア・シュリーレンツァウアーの53回なので、あと8勝で追いつく計算ですが、高梨の年齢を考えれば十分達成可能と思われます。果たしてどこまで記録を伸ばすのか、頼もしくも末恐ろしい選手です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年6月26日 (日)

またもやツタヤに悪評

ツタヤはカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社が運営する書籍販売、ビデオ・CDレンタルの最大手で最近は図書館の民間委託の分野に手を広げていますが、この図書館委託についての評判が良くありません。第一号となったのは佐賀県の武雄市ですが、ツタヤの運営になった途端、発売から10年以上経った実用書を大量に購入し、公金でツタヤの在庫処分に貢献したのではないかと市民から批判され、訴訟沙汰に発展しました。

実用書の類は内容が陳腐化してしまうので、通常は出版直後のものを購入するのが一般的のようですが、武雄市の場合は2000年前後と新刊発売から10年をはるかに超えるものが大半で、『世にも美しいダイエット』は1994年出版と20年以上前のものまで含まれていました。これらの市場価値は新刊から数年経てば100円以内、10年も経てば1円になってしまうと言うことですが、武雄市の場合は1万冊で1958万円でしたので、1冊当たり1958円と破格の価格でした。これは恐らく新書での価格だったと思われますが、あまりに非常識で、訴訟沙汰になるのも当然です。

通常図書館の場合、小説などの文芸書や学術的な書籍が多く、実用書は内容が陳腐化しやすいのであまり多くを蔵書しないようですが、内容が古すぎる実用書ばかりを購入しようとする姿勢は批判されても仕方ありません。この問題によってカルチュア・コンビニエンス・クラブに業務委託を予定していた小牧市では、市民の猛反対が起き、住民投票の結果計画が白紙撤回されることになりました。

これでツタヤの側も運営を改めるかと思っていましたら、今度は宮城県、多賀城市で再び古い実用書大量購入問題を起こしていたことが明らかになりました。多賀城市ではツタヤに運営委託した今年3月以降に35000冊の図書を購入しましたが、その内13000冊が中古本で、4400冊が発売から6年以上経った市場価値1円の実用書でした。ツタヤはこれらを1000円で購入していましたので、差額の439万円は不当に高く購入したことになり、しかも購入先は同じツタヤのグループでしたから、不当な利益供与と言われても仕方ありません。

ツタヤは江戸時代の版元で歌麿や写楽の浮世絵を出版した蔦屋重三郎の「蔦屋」にあやかって社名を付けたと言われていますが、このような適正でない価格での購入や、図書館としてふさわしくない古い実用書に偏った購入を続けることは、書籍に対する冒涜であり、「蔦屋」の名を汚すものです。

このような図書館運営に巻き込まれてしまった市民こそいい迷惑で、ツタヤには書籍販売業者としての矜持はないのかと声を大にして問いたいと思います。

P4270035r

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月24日 (火)

浜松基地の沈黙

26日からのサミットを控え、週明けから浜松基地も賑わいを増すものと思っていましたが、どうやら本番に備えて通常の訓練は手控えているようです。いつもは何回も爆音を響かせてT-4が飛行するのですが、今週になってその姿を見ることはほとんどありません。最近近所の二か所で建築工事をしているため、騒音でエンジン音に気が付かない可能性もない訳ではありませんが、少なくとも今週になってT-4を見ていません。

Pb070201r15

2機編隊で離陸するT-4練習機。空自浜松基地はT-4練習機の飛行訓練基地となっています。

P5280024

日本の空の守りを担っているF-15J戦闘機。

今週は本番に備え、F-15の飛行訓練が連日行われるものと思っていましたが、今のところ目立った動きは無いようです。明日は多くの国の要人が、来日することになりそうです。果たして浜松基地に動きはあるのでしょうか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧