2017年10月11日 (水)

週末の天気が気がかり

今週末の15日は航空自衛隊浜松基地の航空祭、エアフェスタ浜松2017が予定されています。浜松基地はブルーインパルスの発祥の地であり、AWACSの配備基地でもあることから、例年多くの来場者を集める全国でも屈指の航空祭です。

Pa150142r16

ブルーインパルスの見事な演技です。

Pa160187r16

アフターバーナーを焚いて上昇するF-15戦闘機。浜松基地にも整備教育用にF-15が配備されていますが、こちらは小松基から飛来した機体で、普段はこのような非行を見ることはできません。

Pa160043r16

こちらは岐阜基地からのF-4ファントム戦闘機です。

この時期なので昨年のような青空を期待したいところですが、天気予報が思わしくありません。現在のところ当日は曇り時々雨の予報で降水確率は70%となっています。まだ先の日程なので、予報が外れて何とか晴天になって欲しいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月24日 (日)

墓参で従弟に邂逅

沼津に母方の叔父の墓所がありますが、最後の法事から年数が経ちながら墓参の機会がなく無沙汰をしていました。昨日、近くを通りかかったので久しぶりに墓参をしようと立ち寄ったところ、寺の入り口で思いがけず叔母と従弟に出会いました。

その寺の墓所は境内から少し離れた場所にあり、駐車場がないのでお寺の駐車場に停めようとしているところへ、本堂での焼香帰りの叔母の一行と出会ったものですが、あまりの偶然の出会いに、ただただ驚くばかりでした。叔母たちとは一族の法事などで、顔を合わす機会が多々あるのですが、叔父の墓所へは、とんと御無沙汰でしたので叔父が一計を案じて出会いを演出したのかも知れません。

P9160079r

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月17日 (日)

当ブログの読者層は?

毎日思いつくままに勝手なことを書き続けていますが、今月も昨日まで一日平均で250人にアクセスしていただいており、アクセス数が0と言う日がないのはありがたいことで、感謝に堪えません。

このブログの管理機能にアクセス全体における、年代別表示機能があるので、どのような年代に読んでもらっているのかを確認してみました。これまで、地域別などは参考にしていたのですが、年代別はあまり気にしたことがありませんでした。

Photo

驚いたことに30歳台が4割近く、40歳台が3割強、20歳台も2割弱と予想よりも遥かに下の年代の読者の方々に読んで頂いていることが判りました。10代の方が7%もいるのも驚きでした。性格的に、こう言う記事の方がアクセス数が増えるだろうとかは考えないオヤジなので、これは大変意外な結果で、正直どう受け止めて良いのか戸惑っています。

取り敢えずは、多くの方の支持を頂いていると言うことに、勝手に解釈してこれからも自然体で行こうと思いますので、宜しくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

涼しい夜には

台風18号の接近が心配されますが、今のところ平穏な朝を迎えています。先日来、朝晩の気温が少し低くなって来ましたが、今朝は手元の温度計で22度でした。

さすがに少し肌寒さを感じていたら、ペットも同じ思いだったようで、ワンコとニャンコが夜具に乗って来て占領されてしまいました。
Img_20170917_034437_2
タブレットで撮影しましたが、ストロボ設定がないので、ブレブレです。m(_ _)m
無事に台風一過となれば良いのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月16日 (土)

当ブログ記事がYahoo検索の1位~3位でした

超音速対艦ミサイルのXASM-3ですが、以前から何回も記事に取り上げていますが、その後全く情報が流れて来ません。元護衛艦の「しらね」を使った実射試験を行う開発の最終段階に来ている筈ですが、舞鶴港を出港した後、もう一度舞鶴港に戻ってから消息が全く伝えられなくなりました。

何か情報がないかと「XASM-3 実射試験」でYahoo検索をかけたところ、こんな結果でビックリでした。

170916_3

XASM-3を取り上げた当ブログの記事が、何と1位から3位にランキングされていました。Yahoo検索の順位がどのようにして決められているのか全く知りませんが、こんなことがあるとは夢にも思いませんでした。

大変光栄なことなのですが、憶測だらけの私の記事が上位に来るぐらいですから、残念ながらXASM-3についての新たな情報は得られませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月13日 (水)

ホンダが量産型EVを発表

ヨーロッパ各国が将来に向けて、エンジンを搭載する自動車の販売禁止を打ち出しており、自動車業界の対応が注目される中、ホンダがフランクフルトのモーターショーで19年発売のEVを発表しました。スタイルは初代のシビックを彷彿とさせるもので、かつてCVCCエンジンを搭載して、当時世界厳しかったマスキー法の初の適合車となった意気込みを示そうとする狙いがあったのかも知れません。

これまでホンダは、ライバルと比べて電気自動車の分野で遅れを取っているのではと評されることがありますが、そんなことはありません。ホンダは早くからトヨタと共に燃料電池車の開発に取り組んでおり、モーターによる走行については十分な知見を持っています。また、HVの分野でもトヨタとライバル関係にあり、搭載する電池についても様々なアプローチをしています。

既に来年には中国で現地生産のEVを発売することを明らかにしており、発売に向けた技術的問題点はクリアしているものと考えられます。EVは無公害な点が評価されていますが、充電に専用の設備が必要なことや、一回の充電で走行できる距離が、現行のガソリン車よりも短いことが普及のための足かせとなっています。

今回のヨーロッパ向けのモデルの細かな仕様は今のところ明らかになっていませんが、比較的短距離での日常的な用途を考えているのではないかと思われます。EVについてはバッテリーの進化がどこまで期待できるのか不透明な面があり、現在は価格がネックになっている水素自動車や燃料電池車も、今後の技術の進歩によって大きく勢力を伸ばす可能性があり、今後の推移が注目されます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オリーブの実が熟しました

今年の春、庭に植えたオリーブの実が無事に育って、色づきました。これまでオリーブを育てたことがなかったのに、いきなり実をつけたのに驚きましたが、その後少し数は減りましたが、順調に育ってくれました。

P6050001r17

最初はこんなに小さかったので、とても大きく育ってくれるとは思えませんでした。

P9130003r17

それが4か月経って、こんなに立派に育ってくれました。

P9130002r17

こちらは、授粉用に後から植えた小さい木に実ったオリーブです。色づいたのは完熟した証だそうです。

P9130004r17

その他の実も順調に育っています。せっかくなので収穫して食用にしてみようと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 1日 (金)

8月のアクセス数

9月に入り、今日は関東では涼しいくらいの気温になっているようですが、当地もいつもの暑さが少し和らいだ感じで、朝方は久しぶりに涼しささえ感じました。

さて8月の当ブログのアクセス数ですが、合計で7753アクセス、一日平均が250アクセス、最も多かったのが21日の897アクセス、最も少なかったのが27日の151アクセスでした。月間合計アクセス数、一日最多アクセス数とも、ブログ開設以来の記録となりました。これも皆様のご愛読の結果です。ご報告と共に御礼申し上げます。どうもありがとうございました。

P9090010

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月27日 (日)

蝙蝠が乱舞

子供の頃は、自宅が農村部だったこともあって、夕暮れには沢山の蝙蝠が空を舞っていました。腕白小僧だったので、青竹を切り出して飛んでいる蝙蝠をはたき落として喜んでいました。最近になってふと夕空を見上げると蝙蝠の姿はほとんどありません。たまに1、2匹が申し訳なさそうに飛んでいるだけです。

ところが、今日の夕暮れのことです。暑さを避けてワンコの散歩に出たところ、何時になく多くの蝙蝠が飛び交っていました。ぱっと見ですが、15~20匹はいたでしょうか。何故今日は蝙蝠が多かったのかは判りません。もしかしたら、季節的な移動の途中だったのかも知れませんが、久々に沢山の蝙蝠を見ることができました。できれば、何時までもこの辺りを飛んでいて欲しいと願わずにはいられませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月26日 (土)

スズキジムニーが20年振りにモデルチェンジ

昨日当たりから、ネットに次期ジムニーのスクープ写真が上がっていましたが、今朝の中日新聞にスズキ幹部の話として、ジムニーがモデルチェンジをすると伝えていました。

釣り人に圧倒的な人気のスズキのジムニーですが、販売台数がおよそ1000台/月と絶対的な台数が限られているせいか、発売以来20年間モデルチェンジがありませんでした。モデルチェンジのサイクルが短い我が国の自動車業界で、これだけモデルチェンジの感覚が開くのは大変珍しいことです。ホンダのバモスもモデルチェンジ間近と言われていますが、こちらは発売から現時点で19年となっています。

ジムニーが人気なのは抜群の走破性と低い価格です。オフロードタイプの車両として河原や軟弱な不整地での走行にかなう車両はありません。発売間もない頃、鳥取砂丘で斜面を走行している場面を目撃したことがありますが、普通車の4WDが斜面の途中で行き詰ってしまったのに対し、軽量なジムニー(当時の排気量は360cc)は一気に斜面を登り切っていました。  

※多分現在は砂丘内の車両の走行は禁止されていると思いますが、当時は禁止前だったと思います。

ジムニーTX5MTは64馬力、車両重量は980Kgなので1馬力当たりの重量は15.3Kgです。トヨタのランクル・プラドTXは130馬力、2160Kgで1馬力当たりの重量は16.6Kgでジムニーが馬力当たりの重量で優っています。またジムニーXG 5MT の車両価格は1,296,000円と高額な最近の軽自動車の中でかなり手ごろな価格設定になっています。

このようなリーズナブルで高い走破性が釣り人に高く支持された理由ですが、果たしてモデルチェンジによって更に人気に火が付くのか注目です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧