2019年6月20日 (木)

収監予定者が刃物を持って逃走

昨日神奈川県で、傷害罪などで有罪が確定した男を収容しに検察の係官や警察官が男性宅を訪れましたが、男が刃物で抵抗し、逃走する事件が発生しました。男性は乗用車で逃走し、その後乗用車は厚木市内で発見されましたが、以前男は逃走を続けています。

信じられないような事件です。逃走している男は窃盗や傷害の罪で2月に刑が確定しましたが、事前に保釈されており、自宅に居住していました。これまで2度の出頭要請に応じなかったため、昨日は検察の事務官3名と警察官2名で収監に出向いていました。先日は大阪で警察官が襲われ、拳銃を奪われる事件が起きたばかりなのに、緊張感のなさに唖然とするばかりです。そもそも、素直に収監に応じなかった受刑者が簡単に応じるとは考えにくく、それなりの抵抗も予想するのが当然です。警察官2名が立ち会いながら、乗用車に乗り込むまで、何もできなかったのでは、警察官失格と言われても仕方ありません。

しかも、逃亡を公表したのが、事件発生から4時間後と言うから開いた口がふさがりません。刃物を持って逃走していることから、新たな犯罪に走る可能性もあり、早期の逮捕が望まれます。(今回の事件で新たに公務執行妨害、威力業務妨害、銃刀法違反などに問われるものと思われます。)

| | コメント (1)

2019年6月17日 (月)

吹田市拳銃強奪犯逮捕

昨日、大阪府吹田市の交番で警官が包丁で刺され、実弾入りの拳銃が奪われる事件が発生しましたが、本日6時頃、容疑者が逮捕されました。市内は厳戒態勢が敷かれ、早朝までに事件が解決しない場合、学校や幼稚園を休校・休園することになっていましたが、この措置は中止になった模様です。まずは容疑者確保で一安心です。

| | コメント (0)

2019年6月 6日 (木)

南伊豆で過去最大の覚せい剤密輸を摘発

南伊豆町で、船名表記がなく、高速航行が可能な船外機を備えた不審船が、町内の手石港と小稲港を何度も往復するのが目撃され、通報を受けた海上保安庁が調べたところ覚せい剤約1トンを密輸したとして中国人7人が逮捕されました。一回の押収量としては過去最大で、末端価格は600億円にも上ると言うことです。容疑者たちは沖合の船から荷物を受け取る「瀬取り」の方法で覚せい剤を運んだと見られますが、これだけの金額の覚せい剤を扱うことから、背後に相当大掛かりな組織が控えていることが推測されます。

いやあ驚きました。これまで数億円レベルの薬物犯罪は幾度となく報道されていますが、ここまで大量の薬物が見つかったのは初めてです。恐らくこれは氷山の一角でしょうから、薬物の蔓延ぶりがいかに深刻であるかが判ります。くしくも昨日は、違法薬物事案で逮捕されたピエール滝被告の初公判(昨日で結審)でした。芸能人の摘発も相変わらず続いており、ここからいかにして違法取引を減らしていくか、取り締まり当局の奮起が望まれます。米国などでは海外からの船舶を利用した密輸に対し、哨戒機を使った取り締まりを行っていると言うことですが、我が国でも一段アップした取り締まりの時期に来ているのかも知れません。

P6180088r16

海上の船舶を監視できるP-3C哨戒機です。

 

| | コメント (0)

2019年4月 9日 (火)

連れ去られた子猫が無事保護される

先月、三重県で野良猫の保護施設に住み着いていた子猫が、何者かに首にひもを巻かれて強引に連れ去られる事件がありました。防犯カメラの映像から、連れ去った男は窃盗の容疑で逮捕されましたが、供述から子猫は懐かなかったので、遺棄したことが判りました。この供述を元に、猫たちを保護した女性が周辺を捜索したところ、先週になって無事子猫を発見し、保護しました。女性は施設には戻さず、自宅でこの子猫を飼育していると言うことです。

Photo_66

子猫時代の我が家のニャンコです。

男の逮捕に伴い、子猫の安否が気になっていましたが、無事に保護されてなによりでした。

| | コメント (0)

2019年3月13日 (水)

ピエール瀧容疑者逮捕

本日早朝、テレビを点けてびっくりしました。地元静岡学園の元高校球児出身で、同級生の石野卓球らと結成した音楽グループ「電気グルーヴ」でミュージシャンとして活動する他、俳優として多数のドラマや映画に出演していたピエール瀧容疑者がコカイン使用容疑で深夜1時に逮捕されていたからです。

ピエール瀧容疑者は現在放送中の大河ドラマに出演するなどNHKで重用され、朝の連続ドラマに主要な登場人物として起用されたり、土曜ドラマ「64(ロクヨン)」では難しい役どころの主人公に抜擢されるなど演技力も高く評価されていました。また、地元民放の静岡朝日テレビでは、冠番組である「しょんないTV」でMCを務め、人気を博していました。

大杉漣に似た風貌や雰囲気など一種独特の存在感があり、彼が亡くなってしまった後、テレビ・映画界における貴重な存在だっただけに今回の事態は大変残念です。公開間近になっている映画が3本ほど控えていることからも、彼の重用ぶりが窺えます。今回の事態を受けて、各社は放送の中止や公開の延期を検討しています。

しかし、個人的見解ですが、この事件には今の所被害者が存在していません。であるのなら、彼の出演しているドラマや映画を放送することそのものについては、一定の配慮は必要でしょうが、問題は無いのではないかと考えます。特に茶の間にそのまま入ってくるテレビと違って、映画の場合は映画館に足を運ぶ必要がありますので、観客が問題なしと判断すれば席に座るし、そうでなければボイコットするだけですから封切そのものを取り止めたり、撮り直しをする必要はないのではなかと考えます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年3月 6日 (水)

ゴーン被告保釈へ

高額退職金の不正容疑で逮捕・起訴されているカルロス・ゴーン被告の保釈が認められ、本日にも保釈保証金10億円を支払って保釈されることが決定しました。保釈の条件として、パスポートを弁護士が管理し、自宅への来訪者の出入りを監視カメラによって弁護士が把握、ゴーン氏にはインターネットを遮断した機器しか使用させないようにすることを裁判所に申し出ているとされています。

 

パスポートの管理については、国外逃亡の防止の観点から妥当だと思いますが、インターネットからの遮断についてはどうでしょうか?弘中弁護士は、通話機能のみの携帯電話を持たせ、インターネットに接続していないパソコンしか使わせないとしていますが、家族のスマホやタブレットなどの利用をどこまで制限できるか疑問です。自宅の中を24時間監視することはプライバシーの問題もあり不可能です。その気になれば、他人のスマホを使ってメールをやり取りしたり、資料を受け取ることは充分可能です。使用後に履歴を削除すれば、見かけ上は証拠が残りません。

 

なので、関係者と連絡を取り合って口裏を合わせたり、証拠の隠滅に動く可能性を全て防止することは不可能ではないかと思われます。もっとも検察も、これまでの捜査で必要な証拠は十分入手している筈ですから、今後の裁判において重大な支障が出ることはないのではないかと思います。

 

Dsc_0057_2

自宅近くの河津桜が満開となりました。昨年の秋から五月雨的に花を付けていましたが、最近の暖かさで一気に満開になったようです。月末にはソメイヨシノが開花しますが、満開の花を見るのはいいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年2月 9日 (土)

悪ふざけ投稿

最近、食に関する企業の従業員による、不適切な行為をSNSに投稿する事態が相次いでいます。本人達は悪ふざけのつもりでしょうが、利用する側にとっては、たまったものではありません。自分たちが口にするものも、このような扱いをされていると考えてしまうと、自然と足が遠のいてしまっても仕方ありませんが、企業にとっては迷惑千万です。

当事者を解雇するのは当然ですが、それで悪影響が終わる訳ではありません。一度落ちた評判は直ぐには回復せずに、客足が遠のく被害はその後も後を引きます。
これでは企業はたまったものではありません。今回のくら寿司の事件では、再発防止の観点から、関係者への損害賠償を請求するようですが、当然の判断と思います。食に関する企業での悪ふざけは、許せるものではありません。無分別な悪ふざけの責任は、きっちり取ってもらわなければなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月21日 (月)

防衛省がレーダ照射問題で最終見解

防衛省は本日、韓国駆逐艦からのレーダー照射問題で、レーダー照射時の警報音の音声を公開すると共に、韓国側との協議を打ち切ると発表しました。また、これまで日・韓・英の3ヶ国語で公開していた当時の動画を、今後は10か国語で公開すると明らかにしました。

この問題については韓国側が我が国の行為を一方的だとして非難していますが、照射直後に無線で照会した際に、これを黙殺するなど、韓国側の行為こそが事態を拡大した元凶です。本来行ってはならない射撃管制レーダーを照射し、我が国からの抗議に対しては、北の漁船の救助中で全てのレーダーを使って捜索していたと、一旦反論しておきながら、その後、射撃管制レーダーは使っていない、同じ周波数帯のレーダーは海洋警察の警備艦が装備しているので、それを誤認したのではないかと主張を変えて反論していました。

これに対し、防衛省は射撃管制レーダー波の特徴と、捜索用レーダーのレーダー波との違いを再度明らかにして、混同は有り得ないと明確に否定しました。また無線での呼びかけに、電波状態が悪く、聞き取れなかったと弁明したことに対し、P-1哨戒機が埼玉県の地上局と交信していたことや、現場から240Km離れた位置を飛行していた練習機が、この通信を聴いていたことを明らかにし、韓国側の反論を改めて否定しました。

防衛省は、こちらの事実の列挙に対してまともに回答せずに、自分達の勝手な主張を繰り返すだけの韓国側と、この問題についてこれ以上協議を続けても問題が進展することはないとして、打ち切ることを合わせて公表しましたが、茶番に付き合って時間を浪費することはありませんので、この判断を支持したいと思います。国と国とで取り交わした条約を、感情論だけで一方的に破棄するような国ですから、理詰めの協議など望むべきもなかったと言うことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 3日 (木)

韓国国防省が我が国に謝罪を要求

判っちゃいるけどやめられない、と言うのは植木等が歌ったスーダラ節の一節ですが、韓国が迷走を続けています。海自のP-1哨戒機が韓国の駆逐艦から射撃用のレーダーを照射された件に対し、韓国国防省は「人道的な救助活動中だった我が国の艦艇に対し、威嚇的な低空飛行をした」として謝罪を要求、合わせて「わが国の艦艇は哨戒機に追跡レーダーを照射しなかった」「日本はこれ以上事実を歪曲する行為を中止すべきだ」と主張しました。

自国政府として、身内を庇いたい気持ちは判らないでもありませんが、事実に反する主張は如何なものでしょうか。

①当初、天候が悪く、遭難漁船の捜索に全てのレーダーを使って捜索をしていた

・実際は、波の高さは1m程度で、この時期の現場海域としては大変穏やかな天候だった。
・既に「漁船」は韓国艦艇に両側を並走された状態で、韓国側の小舟が接近中であった。

・「漁船」の遭難を韓国側だけが把握でき、日本側に協力要請しなかったのは極めて不自然。

②射撃用の火器管制レーダーは照射していない。

・軍用機には相手の攻撃を検知する警戒装置が搭載されていて、火器管制レーダーにロックオンされたことや、ミサイルの発射を検知するようになっており、照射を受けた際の時刻や周波数は記録装置に記録されている。日本側がデーターをねつ造する必然性は全くない。

・照射に対し、3種類の電波で行った、無線の呼びかけに一切応答しなかった。もし、何かトラブルがあったのなら、この時説明していれば、以後の事態にはならなかった。

③威嚇的な低空飛行をした。

・P-1の飛行は下図のようなもので、国際的に認められて方法で行われ、航行を妨げるものではない。

Photo

韓国側の主張は全て一方的なものですが、具体的な画像や資料の類は一切明らかにしていません。その上で、日本側を一方的だと非難するのは呆れるばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月28日 (金)

防衛省がP-1機内映像を公開

韓国駆逐艦がP-1哨戒機に火器管制レーダーを照射した事件で、本日午後に防衛省がP-1機内で撮影された映像を公開しました。機密情報が含まれるため、ところどころ音声などが編集されていますが、これによって韓国側の以下の主張が虚偽であることが明らかになりました。

Pb070128r15

①遭難した北朝鮮の漁船を捜索中であった。 → 既に発見済みで救助中だったと見られる。

②天候が悪かった。 → 当日は晴天(雲量は2)で波の高さは1m程度。

③駆逐艦の上空を低高度で通過した。 → 上空は通過しておらず離れた側面を通過。

④コリアコーストと呼んだので、自分ではないと思った。 → そんな呼び方はしていない。

⑤電波が弱く、聞き取りにくかった。 → せいぜい30Kmほどの距離しか離れておらず、そんなことは有り得ない。

韓国側は、それでも日本側が真実を伝えていないと主張して事実を認めようとしていません。なら、上記の主張が虚偽でないことを合理的に証明しなければなりませんが、何ら証拠を示そうとはしません。事実と違うことを主張することを、一般的に嘘と言いますが、証拠を示せない以上、嘘はどこまで行っても嘘でしかありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧