2018年6月12日 (火)

東京高裁が袴田事件の再審請求を棄却

11日午後、東京高裁は袴田事件の再審請求で静岡地裁が認めた再審請求について、地裁決定の根拠のDNA鑑定を「過大評価」と判断し、これを認めない決定をしました。はっきり言って東京高裁はボンクラの揃いで、法の下の正義の資格を自ら放棄した無能集団です。

袴田事件では容疑者の強引な逮捕以後、違法な過酷で長時間の取り調べを連日行い、容疑者を心神耗弱の状態に追い込んで、自白を誘導しました。この間の経緯については警察・検察はひたすら隠蔽し、裁判所は盲目的に調書を鵜呑みにして有罪判決に加担しました。違法な取り調べのテープが最近になって明らかになったり、行方不明とされた証拠物を撮影したネガフィルムがひょっこり見つかるなど、警察のやりたい放題だった捜査の状況が今更ながら彷彿される状況です。

何より容疑者逮捕の時点で、犯行時の着衣はパジャマとしたのに、後日別の衣類が何度も捜索したはずの味噌樽の中から、見つかると言う悪代官が登場する時代劇そっくりの展開です。しかもお笑いなのは、長期間味噌に使っていた筈の衣類はほとんど変色しておらず、弁護側の再現実験の結果とあまりに違っていても裁判所は見て見ぬ振りです。

何より驚くのは、これらの見つかった衣類はサイズが小さ過ぎて被告は着ることができなかったのに、味噌に浸かったことにより縮んだと嘘八百を述べましたが、再現実験ではほとんどサイズの縮みは確認されませんでした。また、警察は衣類の「発見」後に容疑者の実家を捜索し、共布が見つかったと証拠申請しましたが、発見の直前にメーカーから同じ布を入手しており、いかにも不自然です。もし本当に犯行時の着衣なら共布は衣類発見時に処分されているべきもので、不自然に発見される様は、ドラマの悪徳刑事の手口そのものです。

これらの明らかに事実と相違する証拠品について、裁判所は目を瞑ったまま、頑なに弁護側の主張に耳を傾けようとはしませんでした。これは明らかに警察・検察を擁護するために、被告の利益を無視した司法にあるまじき態度で、許せるものではありません。

そもそも、本事件は容疑者の勤め先の専務一家に強盗に入った末に家族4人を殺害したと決めつけていますが、普通に考えれば面が割れている専務の自宅に押し入るよりも、見知らぬ金持ちに押し入る方がはるかに合理的です。警察・検察の事件の筋立ては荒唐無稽としか言えないもので、このような稚拙で誤った捜査を高裁、最高裁が追認し、今また高裁が支持することは、我が国の裁判史上最大の汚点と言っても差し支えない愚挙そのものです。東京高裁よ、まともな神経を持っているなら恥を知るが良い。

P4060040r

本件とは全くの無縁ですが、京都府警本部です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月11日 (月)

新幹線刃物死傷事件

走行中の新幹線のぞみの社内で乗客3人がが刃物で襲われ、男性一人が死亡、女性二人がケガをする事件が起きました。犯人の男は、通路側の背に座っており、新横浜から乗り込んだ女性客が窓側に座り、テーブルを使おうとしたところ、いきなり刃物で襲い掛かかったということです。

亡くなった男性は、この女性を庇おうとして犯人に襲われたものと見られています。男は刃渡り30センチのナタともう一本の刃物を持ち込んで犯行に及んでいました。犯人の周辺からは、男は自殺をほのめかしたり、刑務所に入所をする願望を口にしていたとのことですから、もしかしたら無差別殺人をすることで、逮捕され、死刑になって命を絶とうと考えたのかも知れませんが、無責任にもほどがあります。こんな男の身勝手な願望の犠牲となって突然命を落とすことになった38歳の男性が哀れでなりません。

それにしても、新幹線の安全管理には問題があると言わざるを得ません。2年前に乗客が車内にガソリンを持ち込み、走行中に床にまいて火を点けて焼身自殺を図る事件があり、巻き込まれた女性客が亡くなる事件がありました。この時、乗客の手荷物検査を実施すべきとの声が上がりましたが、利便性を優先するとの結論になり、車内に監視カメラを設置する対策だけが取られることになりました。

確かに新幹線の場合、短時間に多数の列車を運行していますので、全ての手荷物を時間を掛けて検査することには課題が多いかも知れません。しかし、通路に金属探知機を設置して、反応があった荷物だけをしらべれば、チェックする件数は相当絞れる筈です。また、過去にも車内で凶行が行われたことがあるのに、何の対策もとらないままで、漫然と運行して来たのも問題です。

Photo

ホームに入線する東北新幹線。

今回は座席を外して犯人に対する盾としたようですが、駆け付けた車掌は犯人に対して何もできませんでした。せめて暴漢に対し、少なくとも運動能力を奪うスプレーやスタンガンの類は常備する必要があったのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月15日 (火)

容疑者逮捕

昨夜、新潟の女児殺害事件の容疑者が死体遺棄容疑で逮捕されました。容疑者は現場近くに住む23歳の会社員で家族と同居していたと言うことで、黒の軽乗用車を保有していました。詳細は明らかになっていませんが、目撃情報からこの車から容疑者が絞り込まれたようです。意外と早かったなあと言うのが率直な感想でしたが、これ以上長引くと長期化する可能性がありましたので、絶妙のタイミングと言えるかも知れません。

事件報道から、犯人は現場近くに住む30歳前後の男で、車を保有しているのではないかと考えていましたが、23歳だったことと家族と同居していたことは想定外でした。遺体が遺棄された状況を考えると、捜査の手が近辺に及びかねないと危惧して、とにかく周辺から遠ざけようと急いだ結果だったと考えていました。

もう一つ、容疑者は立ち寄った道の駅で任意同行(任意性はかなり疑問ですが)を求められましたが、この道の駅は2年前に私が佐渡を訪問した際、渡航の前後2回にわたって利用した場所です。信濃川に近く、周辺は静かな環境でしたので、あの場所の近くでこのような凶悪な事件が起きたことに改めて驚くとともに、事件の全面的な解明が望まれます。また、類似の事件が再発しないよう、登下校の在り方や防犯器具について、改めて考え直すことが必要と考えます。

P4300008r16

新潟港のフェリー乗り場です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月26日 (木)

TOKIO山口達也が強制わいせつで書類送検

財務事務次官のセクハラ問題が大きな関心毎になっている最中に、衝撃的なニュースが飛び込んできました。TOKIOの山口達也が、自宅マンションで女子高生に無理やりキスをして警視庁に被害届を出され、書類送検されていたと言うものです。

事件は今年の2月、NHKの番組で知り合った女子高生とその友人を自宅マンションに招きいれ、酒を勧めた上に一人に強引にキスをしたと言うもので、二人は逃げて被害を届け出たものですが、その後被害者との間に示談が成立していると言うことです。

事件の発生時期については2月とされているだけで、具体的な日付は明らかにされていません。当時山口達也は、平昌オリンピックの取材で現地に滞在して取材活動をしておりました。想像するに、帰国して気分的に気が緩んだ状態だったのかも知れません。

この事態を受け、各テレビ局は山口達也の出演した番組の放映中止を決めていますが、CMスポンサーも放映を中止する対応をしています。更には農産物のPR活動に起用していた福島県や東京オリンピック・パラリンピックのフラッグツアー特別アンバサダーとして活動しており、今後の取り扱いが注目されます。

日曜日夜の人気番組「鉄腕ダッシュ」のメインメンバーとして各地のロケで活躍していただけに、今回の事態は大変残念です。事件が与える影響の大きさを考えれば、軽率で済まされる話ではありませんし、これだけの騒動となって多くの人に迷惑を掛けた以上は、しっかり反省し、もたらした結果について償って欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月15日 (木)

沖縄基地反対運動リーダーに有罪判決

米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設工事に対する抗議活動に伴い、威力業務妨害などに問われた反対派のリーダー、沖縄平和運動センター議長の山城被告に対し、那覇地裁は14日、懲役2年執行猶予3年の判決を言い渡しました。

判決によれば山城被告は昨年1月、米軍キャンプ・シュワブのゲート前にコンクリートブロックを約1500個積み上げて沖縄防衛局の業務を妨害したほか、昨年8月には沖縄県東村で防衛局職員の腕をつかんで約2週間のけがを負わせたとしています。

山城被告は「反対運動への弾圧で、表現の自由が抑圧されている」と主張していましたが、柴田寿宏裁判長は「工事への反対、抗議活動と言う面もあるが、単なる表現活動にとどまらずに実力行使を伴っており、表現の自由の範囲を逸脱している」と述べ被告の行為を有罪と認定しました。

山城被告の主張は荒唐無稽と言うべきもので、本来自由に通行すべき出入口であるゲート前に、ブロック1500個を積む行為自体が表現の自由とはかけ離れたもので、基地の業務を力づくで妨害した威力業務妨害であることは明白です。1500個と言う数は大変なもので、1個が5Kgとすれば7.5トンの重量となるもので、悪質性はかなり高いと言わざるを得ません。また暴力行為については論外です。

被告は抗議活動を勝手に不可侵のものと位置付けてしまっているようですが、目的の如何を問わず、法に触れる行為をすれば場せられるのは当然です。このような移転工事を遅延させることは普天間飛行場の移転を物理的に遅らせることになり、基地周辺の児童を含む住民の安全性を損なうもので、彼らの主張と真逆の結果を招きかねません。この判決を契機として移転工事が進展することを願っていますが、彼らは移転そのものを取り止めることを目的としていますので、まだまだ紆余曲折がありそうです。

Mv22

辺野古への移転が待たれるMV-22オスプレイ。 (出典:防衛省)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月15日 (木)

空自救難ヘリの墜落原因はバーティゴ

昨年10月の夕方、夜間救助訓練に離陸した空自浜松基地所属の救難ヘリUH-60Jが、離陸後およそ11分後に浜松市の沖合約31Kmの海上にに墜落し、乗員4名が行方不明になる事故が発生。3名はその後海底から遺体となって収容されましたが、1名は今も行方不明になったままとなっている事故の調査報告書が14日に公表されました。

http://www.mod.go.jp/asdf/news/houdou/H29/300214.pdf

報告書によれば、当日は月明かりもなく、NVG(暗視ゴーグル)を着用しても海面が見にくい条件の中、前方の雲を避けるために高度約300mから150mに高度を下げる操作をしました。ところが、降下を確認する機器の応答性が悪く、機長が実際の高度よりも高く認識したまま海面への接近に気付かず、他の乗員も機長に助言をしなかったことから高度異常に気付かなかったと思われる。また海面への接近を知らせる高度警報器が高度75m付近で鳴ったにもかかわらず、機長が発話中で気づかず、そのまま海面に激突したものと推定されたものです。

Pa150013r17

墜落前日のエアフェスタ浜松2017で展示されていた事故機のUH-60Jです。

当該ヘリは離陸からわずか11分後に墜落し、離陸後5分に行われた管制塔の交信でも特に異常を伝えていませんでしたので、今回のAH-64Dの事故同様に突然機体にトラブルが生じたのではないかと考えていましたが、機長の空間識失調(バーティゴ)による操縦ミスと結論付けられたのは意外でした。今回の事故は高度を確認するのに昇降率計を用い、その表示に若干タイムラグがあったことに起因したようです。素人考えでは高度計があるのなら、なぜ高度計を使用しなかったのか大変疑問ですが、パイロットにはそうする事情があったと言うことかも知れません。

空自は再発防止策として、以下の5項目を挙げています。

①飛行諸元の確認等、飛行に係る基本操作を教育により再徹底。

②乗組員の連携要領を教育により再徹底。

③電波高度警報への対応要領を教育により再徹底。

④NVGの運用要領の見直し、及び教育により再徹底。

⑤昇降率計の表示遅延の是正。

何やら「教育により再徹底。」のオンパレードですが気になる項目があります。

③の電波高度警報ですが、果たして警報音の音量は適正だったのかと言うことです。そもそも音量が調整できるものかも判りませんが、もし音量が適正でない設定となっていたら、それこそ事故の大きな要因であったのではないでしょうか。

また、⑤の昇降率計の表示遅延の是正ですが、遅延が機器の特性でなく是正できるものなら、何故事前に是正をしなかったのかが大いに気になります。また、そのことをパイロットが知らなかったとすれば重大な教育訓練の不備だったことになります。

今回の報告書はもっともらしいことが書かれていますが、空自としての組織に問題がなかったのかについて何ら言及しておらず、大変物足りない内容です。再発防止策もどちらかと言えばソフト面での対策が大半ですが、間違いをしてしまうのが人間なので、もっとハード対策に重点を置くべきではないかと考えます。ともあれ、今回の事故を教訓として、再発防止に努めて欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 9日 (火)

ライバル選手の飲料に禁止薬物を混入

カヌー競技、カヤックスプリントで日本代表の座を争っていた32歳の選手が、実力では敵わなくなったとして、競技の際に使用される飲料容器に禁止薬物を故意に混入させ、25歳の相手選手が一時出場停止の処分を受けていたことが明らかになりました。

相手選手に有害な物質を与えて、試合を有利に運ぼうとする動きは過去から海外でのボクシングやサッカーの試合で行われたとされていますが、日本国内で同じ日本人に対して行われたのは初めてです。スポーツは様々なルールが決められ、禁止行為が細かく定められています。これは、公平な立場で最高のパフォーマンスを発揮するためで、不正な手段で他の選手の上に立つことは、フェアプレイの精神に著しく反し、許されるものではありません。

カヌー協会は違反選手に8年間の出場停止の処分を科しましたが、用具を盗んで練習や競技を妨害した行為も明らかになっており、除名の処分も検討していると言うことですが、何とも嫌な事件が起きたものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 8日 (月)

警察のおざなりな捜査に唖然

愛知県大府市の雑木林で5日、夫婦連れで犬の散歩に出かけた会社員の男性が、妻が先に帰宅した後も帰らず、その後首に傷を負った状態で見つかり死亡した事件がありました。当初警察は、現場付近に刃物が見つからなかったことから事件性があるとして捜査をしていますが、6日に改めて現場付近を捜索したところ、男性が倒れていた場所から1m離れた草むらで血の付いた刃物を発見したと言うことです。

昨今は裁判が証拠主義となっており、初動での遺留物の発見・保全の重要性が指摘されています。このような事件では自殺・他殺の両面から捜査をして、事件の全容を解明し、証拠によってどちらかに絞り込まれるのが通常の在り方です。当然現場の周辺の遺留物の捜索は行われなければなりません。なのに、あろうことかわずか1mしか離れていない場所にあった最重要な証拠物である刃物が見逃すとは、あまりにもいい加減過ぎます。

過去には静岡県で発生した「袴田事件」で、何回も現場での捜索が行われたのに発見できなかった容疑者の着衣が、事件後1年以上経って味噌の中から見つかったとされ、重要な証拠とされて死刑が確定しましたが、袴田氏の体格とは全く合わず、弁護側では警察のねつ造としています。

この事件では多くの証拠を警察が隠蔽しており、弁護側の再現実験でも衣類の変色や縮み具合も警察の主張とは全く違う結果となっており、ねつ造の可能性は限りなく高いと見られます。このような過去の反省に立つのなら、事件性のある現場での遺留物の捜索は相当念入りに行われなければならない筈なのに、仮にこのような事態が事実なら失態以外の何物でもありません。

今回ナイフが「見つかった」ことから、警察は被害者が自殺したと判断しているようですが、第三者が刺傷させて持ち帰り、後になって現場に捨てた可能性を否定すべきではなく、徹底した捜査が望まれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月23日 (土)

漂着船窃盗事件で朝鮮総連が弁償について協議の意向

北海道の松前小島で、北朝鮮からの漂着船が漁協の無人小屋から多数の備品を盗み出した問題で、朝鮮総連が弁償について関係者に協議の申し入れをしていることが明らかになりました。漁協側は週明けにも具体的な協議を始めたいとしています。

地元の松前さくら漁業協同組合によれば発電機用のエンジンや漁具、家電製品多数が盗まれたり壊されたとしており、被害額は復旧にかかる清掃や消毒などの費用も含め、800万円近くに上ると言うことです。

漁協によれば、21日に朝鮮総連が代理人の弁護士を通じて、これらの被害の弁償についての協議を行いたいと伝えてきたということで、週明けにも朝鮮総連と弁償額や弁償方法などについて、具体的な協議を始めたいとしています。

Photo_6

竜飛岬から北海道方面を臨んで。松前小島は画面のはるか左側になりますが、このように我が国の近海で堂々と窃盗を働く神経が理解できません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 9日 (月)

神戸製鋼が製品データを改竄して出荷

神戸製鋼がアルミ材の出荷に際し、規格に達しない製品の品質データーを改竄して出荷していたことが明かになり、相手先ユーザーの製品の品質問題に発展する可能性があり、波紋が広がっています。

神戸製鋼が明らかにしたところによれば、10年ほど前から強度などが不足するアルミ材を品質データーを書き換えて出荷しており、こうした不正は管理職も把握しており、会社ぐるみで長期間にわたって繰り返し行われていました。アルミ材は、板や線材などの形で広く使われており、主要ユーザーにはトヨタやホンダ、三菱重工があり、MRJにも使用されていると言うことです。強度の不足した素材が使用された製品について、安全性に影響がないか早急に確認を取ることになっていますが、仮に回収と言うことになれば、その影響の大きささは図り知れません。

神戸製鋼は我が国を代表する、長い歴史のある素材メーカーですが、どうしてこのような不正に手を染めてしまったのか、ただただ驚くばかりです。先頃は、日産が完成車の出荷検査を無資格の作業者に行わせていたことが発覚しましたが、日本を代表する大メーカーで相次いで不正が長期間行われていたことは、我が国の物造りの現場が相当痛んでいる証拠であり、全てのメーカーで他山の石として足元を見直す必要がありそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧