2019年7月31日 (水)

野球指導者に資格制度を

高校野球の宮城県地区予選決勝で、最速163Kmの快速球を投げる大船渡高校の佐々木投手が監督の判断で、試合への出場を見送り世間を驚かせました。国保監督は佐々木投手のけがを心配したとコメントしましたが、具体的な状況については言及を避けました。登板回避について、評論家の張本氏は無理してでも投げるべきだったと持論を展開しましたが、これでは間近でつぶさに選手を見てきた監督の立場がありません。投げられる状態であれば、継投策やリリーフでの起用もあったのでしょうが、強打者でもある佐々木選手が内野手でも出場しなかったことが事態の深刻さを物語っていたのではないでしょうか。この点に言及したのは元巨人のピッチャ―だった槇原氏ですが、流石だと思いました。

高校野球については、以前から投球過多による疲労やけがの問題が指摘され、新潟県では昨年に球数制限の規定を設けましたが、その後撤回に追い込まれています。高校野球は新聞社や放送界にとって格好の催しとなっているためか、開催時期の妥当性や投手の疲労の問題などが選手の健康面を十分考慮されないまま今日に至っています。また、多くの選手が故障によって選手寿命を終えている実態も放置されて来ました。そんな高校野球についてびっくりする記事がNHKのWeb版に載っていましたので紹介します。

タイトルは「トミー・ジョーンズ手術、4割が高校生以下」です。トミー・ジョーンズ手術と言うのはピッチャーの故障した肘のじん帯を移植によって再建するもので、最近ではエンゼルスの大谷投手も受けています。プロで長年投げることで肘が酷使され、鍛えられたはずの、じん帯を損傷してしまう訳ですが、そんな人生を左右しかねない手術を高校生はおろか、小学生も含まれると言うから驚きです。体が出来上がっていない少年の場合、変化球を多投することによって骨が曲がってしまう障害が発生することから、中学生以下での変化球の投球はすべきでないとの意見がありますが、現状は全く野放し状態になっているようです。以下NHKの記事からの引用です。

~ 群馬県館林市にある慶友整形外科病院は「トミー・ジョン手術」を行う国内でも有数の病院で、これまでプロ野球選手を含めおよそ1200件の手術を行っています。

このうち、10年以上にわたって600件以上の手術を行ってきた古島弘三医師が、担当した患者を分析したところ、高校生以下の子どもがおよそ4割を占め、中には小学生もいたことが分かりました。

古島医師は「骨ができあがっていない子どもの時期に休まずに投げすぎることで、ひじを傷めるリスクがどんどん高くなる。予防をすれば必要のない手術であり、指導者が絶対にけがをさせないというように意識を変える必要がある」と話しています。 ~

実に驚くべき話です。多くの野球指導者は選手の健全な育成ではなく、試合に勝つことを目的として選手を指導しているようです。指導者の立場にもよりますが、結果が求められると言うことがあるのかも知れません。しかし、将来にわたって活躍できたかもしれない少年が、目先の1勝のためにスポーツ人生を棒に振って良い訳がありません。プロ野球を参考にして出発したJリーグではコーチや監督に資格制度を取り入れています。資格取得のためには各種の講習を受けねばならず、その中には医学に関する項目もあります。翻って野球界ですが、このような資格制度は見当たりません。プロ野球選手OBや社会人野球、高校野球のOBが当たっていますが、指導者のとしての資質については野放しです。これでは不適切なトレーニング、起用法も規制の手が及びません。一刻も早く、資格制度を取り入れ、第三者が検証して年齢や体の発達に見合ったトレーニング、プレーを行う仕組みが必要ではないかと感じました。

 

 

 

| | コメント (0)

2019年7月25日 (木)

静岡県でまたもマダニによる死者

静岡県は24日、23日に死亡した伊豆の国市の70代の女性の死因が、マダニによる「日本紅斑熱」の感染によるものであったと発表しました。マダニからの感染による死亡者は今年になって初めてです。静岡県では、これまでもマダニによる感染症による死亡例が確認されていますが、いずれも伊豆半島を含む県東部地域に集中しています。死者の多くが高齢の女性となっており、作業などで山林に立ち入る際は最大限の注意が必要です。また、山林等で作業した後に発熱したり、体調の不調を感じた時は速やかに医療機関を受診するとともに、直近に山林に立ち入ったことを医師に告げて、マダニによる感染症の疑いがないか検査してもらうことが必要と思われます。

マダニはシカやイノシシなどの野生動物に寄生してウィルスを媒介しており、山深い山中だけでなく、人家の庭先でも発見されていますので、油断は禁物です。以前岐阜県で死亡した若い女性はバラの鉢植えに潜んでいたマダニに咬まれて感染しましたが、当時は今ほどこの病気が知られていなかったため、医師であった女性の父親も発症に気付けず、見過ごして手遅れとなってしまいました。

P6160553r19_20190724213201

かわいらしい鹿ですが油断は禁物です。

山林や草むらに入った後に体に変調が生じた場合は、先ずはマダニによる感染症を疑うことを強くお勧め致します。

| | コメント (0)

2019年1月19日 (土)

新規がん患者が100万人

統計値の集計を偽り、またまた数字信頼を失った厚労省の発表ですが、17日付で2016年のがん罹患率の数値について発表がありました。これによれば、全国の新たな患者数は99万5000人でおよそ100万人となっています。日本の人口を1億2000万人とすれば0.83%で、1万人に83人ががんに罹ったことになります。これと合わせて都道府県別のランキングも発表されました。

Photo

発生の少ない上位10県を男女別と男女合計で表にしました。女性の色が濃い県は男女ともに上位10件に入った県ですが、逆に男女どちらかがベスト10入りしながら総合の順位が10位以下になった県を別枠にしました。これによれば総合の順位が良い県は当然ながら男女とも上位に位置していますが、女性のランキング2位の山口県は男性の発生率が高く、総合では19位と順位を落としています。

総合1位の沖縄は男性が1位ですが、女性は7位です。2位の愛知は男性4位、女性1位と男女の差がそれほど大きくありません。今回の調査では従来言われている塩分摂取の多い地域の発生率の高さが改めて指摘されていますが、同じ県でも何故男女差があるのか、新たな謎が浮かびました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月25日 (木)

米国が妊婦に日本への渡航自粛勧告

米国が妊婦に対し、日本への渡航自粛勧告を出しました。最初、この報道に接して正直意味が判りませんでしたが、日本国内での風疹の大流行を受けての措置だと知って納得です。

米国疾病対策センター(CDC)は日本時間の23日、予防接種や過去の感染歴のない妊婦には日本に渡航しないように勧告しました。

日本の国立感染症研究所の発表では、10月8日から14日までの1週間で、新たに141人の風疹患者が報告され、6週間連続で150人規模の患者が発生しており、2018年の累積患者数は1289人に上っています。昨年1年間の発生数は93人でしたから、2か月以上を残して14倍近い発生振りです。

地域別では東京が46人、神奈川26人、千葉15人、愛知10人で、首都圏での発生が目立っています。患者は30~40代の男性が多いとのことですが、風疹のウィルスはインフルエンザ以上の感染力があり、通勤電車内や職場での感染が多いのではないかと想像されます。

Pa260023r

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月14日 (木)

MRI検査の結果

今日は先週受けた顎の手術跡のMRI検査の結果を聴くために、耳鼻咽喉科の外来を受診して来ました。気になる結果は、真っ白ではなくグレーでした。特に重大な所見は無かったものの、リンパ腺が腫れているのが気になるので、三ヵ月後にエコーで再検査となりました。

手術後しばらくは、顎と首の境辺りにコリコリとしたしこり状のものがありましたが、時間の経過と共に解消していました。ただ、最近手術跡の辺りに、すこし張りが感じるようになっていましたが、リンパ腺が腫れていたのが原因であれば、納得です。後はリンパ腺が腫れた原因ですが、この春に行った血液検査でも特に異常は無かったので、何らかの病原菌によるものではないかと思われます。

P6090008r18

白花のホタルブクロです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年6月 9日 (土)

MRI検査を受診

MRIの検査を受けました。別に体調不良があった訳ではなく、昨年受けた顎下腺の摘出手術の事後確認のためです。以前脳血管の検査で受診したことがあったので、それほど緊張はなかったのですが、いざ検査場所に向かうと様子がすっかり変わっていて戸惑いました。

最初に検査を受けた時は、最短で予約が取れる日程で調べてもらったので、正月早々の朝一番の検査でした。そのせいか他に患者の姿もなく、あっと言う間に終わったように記憶していましたが、今回は受付後の待合室に5、6人が待っていました。当時よりも機械の台数が増えているのかも知れません。少し早めに受付を済ませていましたが、ほぼ予定時間に名前を呼ばれ、検査室に向かいました。

以前にCTも経験しているので、閉塞感に対する心配はなかったのですが、検査中に発せられる音については全く記憶がなかったので、「あれれ、こんな大きな音がしたっけ?」と新鮮な驚きです。何でこんな音が出るのだろうと後で調べると、強磁界の中でパルスを発生させると、音が強調されて聞こえるためとのことですが、何か騒音のストレステストを受けているような気がしました。

そんなこともあってか、検査時間は30分ほどかかったのですが、特に長いとは思わない内に終了しました。終わって検査着から着替えていると、少し不快感を感じました。受付で聞かれたので、そのままを正直に伝えたところ、看護師の問診を受けることになってしまいましたが、普段、あまりこのような症状を訴える患者はいないようです。問診の結果、少し休んでから帰宅するようにとの注意を受けましたが、それほど強い症状ではなく、首の凝りを感じていたので、その影響かも知れません。首が凝ったのは検査中、頭部が動かないように枕で固定されるのですが、姿勢が合っていなかったためではないかと思われます。

検査結果は次の診察時に教えてもらうことになっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月14日 (月)

はしかに罹ったようなもの

台湾からの旅行者が発端となり、沖縄県で発生した麻疹(はしか)の流行が野火のように日本列島に広がって、感染者数が100人を超える事態となっています。

麻疹は感染症法に基づく五類感染症に指定され、届け出の対象となっていますが、かつてはそんなに大ごとではなかった気がします。遠い昔のことなので、記憶があいまいですが、幼児が感染しても、「はしかにかかったようなもの」と比喩されたように、その内に治ると静観されたような気がします。

今回、3月20日に沖縄で感染が報告されてから、4月10日までに沖縄で30人、4月20日までに沖縄で29人、愛知県で1人と拡大しました。愛知県の感染者は沖縄を旅行しており、現地で感染したものと見られています。更に30日までに沖縄15人、愛知9人と感染は広がりを見せ、5月8日までに沖縄10人、愛知6人、東京・神奈川で2人、12日までに愛知で3人と広がり続けています。

麻疹は麻疹ウィルスによって感染しますが感染力が強く、接触感染だけでなく飛沫感染や空気感染で感染してしまう厄介な病気です。基本的にはワクチンで予防しますが、困ったことに効力が10年ほどしか持続しないと言われていることや、ウィルスの型によって効果が異なることがあるようです。

かつて新型インフルエンザで大騒ぎとなりましたが、麻疹も今回のように在来のウィルスとは違った型が海外から侵入してくる可能性がありますので、注意が必要です。もし感染者との接触が疑われる場合には3日以内にワクチンを接種すれば、また6日以内であればガンマグロブリンの注射によって発症を抑えられると言われていますので、医療機関へ相談することが大切だと思います。

早く以前のように「はしかに罹ったようなもの」と笑い話にできる日が来ると良いのですが。

P5140009r16

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 7日 (金)

紅茶にノロウィルス消毒作用

静岡県環境科学衛生研究所の発表によれば、紅茶に含まれるポリフェノール中のテアフラビンにノロウィルスの消毒作用があることが確認されたということです。既に消毒剤として商品化されているタンニンの10倍の消毒効果があることも判ったそうで、既に県内企業が商品化に取り掛かっているそうです。

お茶に含まれるカテキンには殺菌効果があることは広く知られていますが、テアフラビンについては初耳です。静岡県民が長寿であることと、緑茶の摂取量が多いことが関連付けて考えられていますが、このような成分があるとなると緑茶長寿説の信ぴょう性が高まったような気がします。

なお、当局によれば直接紅茶を飲んでも、ノロウィルスに効果はないそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月10日 (火)

水分接取にご用心

独自のスタイルで歩き旅を実践している出枯らし紋次郎さんが、自身のブログで脳梗塞にかかったことを明らかにしていますが、幸い症状は軽いようで何よりです。http://pub.ne.jp/dgmnwalkon/

紋次郎さんは長距離の移動に良く夜行バスを利用していますが、今回も夜行バスで東京から帰宅した日の夜に重度の頭痛がありその後も回復しないため受診して脳梗塞であることが判明しました。脳梗塞は血管に血液の塊が詰まってその先にある脳細胞に血液が送られなくなり、脳細胞が死滅して発症します。紋次郎さんの場合、何が原因だったのかは明らかではありませんし、脳梗塞の発症の原因も様々ですが、一つには水分不足による血液粘度の上昇です。熱中症の場合も水分不足から脳梗塞を発症することが多いと言われていますので、こまめに補給して水分が不足しないようにすることが大切です。

アウトドアでは途中で水の補給が出来ない場合がありますが、そんな時は事前に十分な水を用意することが必要です。私自身は最近の夜行バスは利用したことがないので良く知りませんが、トイレの問題があるのかも知れません。しかしそもそも長時間同じ姿勢でいることはエコノミー症候群の危険性もありますので、水分制限は危険です。適度な水分摂取を心がけたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月14日 (火)

インフルエンザ峠越すか

厳冬を反映してか、各地でインフルエンザが猛威をふるっています。同僚が感染して心配していましたが、幸い私はなんとか発症を免れました。しかし近隣の小学校では患者の発生が続いているようです。今週は前半は雨模様の日が続いています。インフルエンザウィルスは水分が苦手なので、これで流行が下火になってなってくれるといいのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)